2017年7月 6日 (木)

漆喰の壁

Dsc_2357_2
ガラスの花器とどうだん。

漆喰の壁に生えてとても綺麗でした。


壁は漆喰コテ仕上げ、床は無垢のサワラフローリング

一昨年、スケルトンリフォーム工事をさせていただいたお客様宅リビングにて。
 

2017年4月20日 (木)

富士ヒノキ

昭和30年代に植林された富士のヒノキが伐採時期を迎えています。
厳しい環境の火山土壌で育つため、年輪が細かく、強度・耐久性に優れていると言われる富士ヒノキ。
そのヒノキを最新の低温除湿乾燥技術により、丁寧に乾燥させている工場があると聞き、「富士ひのき加工協同組合」「静岡県富士農林事務所」の皆様ご案内のもと、標高600mでの伐採作業場、そして稼働中の遠赤外線乾燥機を見学してきました。

強く、しかもとても肌ツヤのいい低温乾燥のヒノキ材でした。構造材で使えそうです。
Dsc_2038
Dsc_2045    
 
Dsc_2061_2
Dsc_2060
Dsc_2094
Dsc_2088
Dsc_2272
  Dsc_2083_3

Dsc_2079

Dsc_2080

2016年11月11日 (金)

100%自然素材の漆喰(しっくい)

100%自然素材の漆喰を使った事例

Ima_004901_800x531
Take_01058142_800x600
Dsc_0735_800x521
_mgm0050
漆喰(しっくい)は日本でも古くから建築に使われてきた素材。
お寺や神社の白い壁がその漆喰です
最近はホームセンター等でも材料が販売されていますが
一般的には合成糊、樹脂がまざっていて、100%自然素材の漆喰はなかなかありません。
Yasunaga_02598
Yasunaga_02783
 
Yasunaga_02737   
Yasunaga_02806_2 Yasunaga_02580
Yasunaga_02620_3 Yasunaga_02703
1月11日(月・祝)から14日(木)まで
八王子市内の現場にて左官工事の様子を見学できます。

 
Yasunaga_02877

2016年1月12日 (火)

漆喰に使う海藻糊

八王子のリフォーム現場 漆喰には現場で炊いた海藻糊を使います。

銀杏藻を炊いた後、少し冷ましたところで濾す作業を設計の山下が体験
1452576261179.jpg 1452576262492.jpg
1452576263444.jpg 1452576264551.jpg
八王子の家・左官見学 希望の方はHPイベント欄よりお申し込みください。

2015年9月10日 (木)

無垢のヒノキと漆喰リフォーム 明日から内覧会です

京急羽田線・糀谷駅から続く商店街の一角。
鉄骨3階建てビルの内装を無垢の木と漆喰でリフォームさせていただきました。

9月11日(金)~13日(日)の三日間、内覧会を実施します。
無垢の木の香り、自然素材に包まれた清々しい空間を是非ご体感下さい
左官工事中の様子
淡路の左官職人植田俊彦氏率いる左官職人たち







Dscn2299
リビング続きの洋間を畳敷きに。さらに窓側にはタイル張りのサンルームが続きます。
クロゼットと収納棚も使いやすいサイズに作り直しました。
Dscn2477
建て主さんと漆喰パターンの最終確認中の植田親方。
漆喰といえば白ですが、今回は二種類の「白」を使い分けています。
微妙な色の違い・・・ 是非現場でチェックしてみてください。




Dsc_6276
玄関入口にはマーブル模様が特徴のイタリア磨き
 
Dsc_6257
ダイナミックな吹き抜けの天井にある照明の周囲には
しっとり落ち着いた藤色の漆喰。
その他、土壁塗りの和室、無垢に張り替えた曲がり階段、部屋を広々間仕切り変更など、健康でより豊かな暮らしのためのヒントがたくさん詰まっています。

糀谷の家 内覧会は
9月11日(金)~9月13日(日) 11時~16時 

糀谷の家 内覧会
皆様のお越しを現場にてお待ちしています。