2018年7月 9日 (月)

長持ちする家に必要な条件

スケルトンリフォームのご相談があり、都内のあるお宅を訪問してきました。
今まで叔母さまが使われていた築30年の木造家屋をリフォームし、今度は若い夫妻が使うのだそうです。
これから基礎や土台周り、小屋裏など本格的な建物調査をしっかり行い、構造の検討、間取りの打ち合わせに入ります。
20180701_132030
 
【長持ちする家について】
戸建リフォームの場合、間取りや素材と同時に考える重要な要素があります。
それは「この家を長持ちさせるためにはどうすればいいか」ということ。
え?傷んでいるところを補修して長持ちさせるのがリフォームじゃないの?
と思われる方も多いかもしれません。
しかし、
リフォームしたらカビが出た・・
リフォームしたら窓に結露・・
リフォームしたところから雨漏れして柱が腐った・・
実は、こうしたニュースを近年よく聞きます。
より便利に、より快適に暮らすためのリフォームなのに、、本末転倒ですね。


それまで風通しのよかった家、床下や天井裏に自然と風が流れていた建物に、断熱材を入れたり、断熱気密性能が高いサッシに交換したり、室内側に石膏ボードを張り巡らせる工事をするならば、換気についてきちっと検証するべきです。
今まで流れる風に触れ、呼吸できていたことで健全な状況を保っていた土台や柱などの構造材が息をつまらせないように。
換気の方法は主に二通りあります。
・自然に空気が流れる構造にする
・機械換気の力を借りる
どちらがいいかは、建物状況や工事規模によりご提案していますが、できれば自然の風の流れをベースに、足りない時は機械換気の力を借りるのがいいと私は考えています。
万一停電した時も、その方が安心ですしね。
今まで何十年と生きながらえてきた構造材が、これからも永く家の土台骨となって、安心安全な暮らしを支えられるようなリフォームを考えましょう。
もちろん、夏涼しく冬暖かく過ごすための断熱工事と同時に実現可能です。


耐震補強工事を希望される方も増えてます。
建物の耐震強度、評点を計算する時、木材と構造金物は出荷時の強度が前提です。耐震強度を維持させるためにも、木材が常に健全な状態であることが重要です。
新築はもちろん、リフォームであっても、長持ちする家のためのキーワードは「構造材を流れる空気に触れさせる」ことです。

本の家ならリフォームも流れる空気が大原則








2018年7月 3日 (火)

空き家活用でお困りの方へ

空き家の包括サポート始めます

親族から相続した空き家の活用に頭を悩ませる子供が急増しているそうです。現に、当社でも最近は空き家のリフォームについてご相談を受ける事が増えました。

住んでなくても固定資産税はかかるし、草取りやメンテナンスに手も掛かる。
防犯面でも気になりつつ、愛着があって手放せない。
でも、家具や衣類が大量に残されているような場合は尚更億劫になり、「いつかいつかと思うのですが・・」となるのも頷けます。


そこで、東京都内の空き家包括サポートを始めました。


耐震診断やリフォーム、リノベーション工事についてはもちろん、
残置物や不用品の片付けから、税金相談、賃貸や買取まで、各方面のプロと提携してワンストップでご相談承ります。

空き家をリフォームして自分たちが暮らす、という選択肢以外にも、愛着のある家を手放さずに利活用し、いずれ時期が来たら売却という段階的な方法も可能です。

コンセプトシェアハウスとして利活用するのもひとつの手ですね。
弊社のHPでもご紹介してます。
シェアハウスで空き家活用



お一人で悩んでないで、
将来の空き家の終い方も見据えながら、一番いい方法を一緒に考えてみませんか。









2018年6月17日 (日)

無垢フローリングに重曹は使わないで

2011年12月に書いた以下の記事が好評のため再度アップします。お掃除などに重宝な重曹ですが、無垢の床にはご注意を!





『すみません・・・床が大変なことになってしまいました。』

という電話が、引渡しをしたばかりの建主さんから入りました。画材のパステルを誤って床にこすり付けてしまったそうで、汚れを落そうと重曹で拭いたところ床が真っ黒になってしまったというのです。

「サンダーをかけてみますのでそのままにしておいてください。」とお答えし、本日大工と一緒に訪問したところ・・




S


床が真っ黒に変色していました。


重曹が木のアクを呼んでしまったのです。
「表面だけにとどまっていて・・」と願いつつ作業スタート


S_2


大工「あ、いけそうですよ」
市川「良かった・・・ 」

サンダーの動きと共に少しづつ元の色に戻っていくクリの床。




S_3


ほとんど分からなくなりました。(ホッ♪)

サンダーをかけた所にオイルを塗っておけばもう大丈夫。
多少の色の違いは残っていますが、半年もすれば色も馴染んで分からなくなります。
オイルの塗り方をご主人にご説明して帰ってきました。


danger重曹をお使いの方へ
エコクリーニングでキッチンや浴室には役立つ重曹ですが、無垢のフローリングには適しません。決してお使いになりません様に。畳や草を使ったラグなども同様です。

Happy chiristmas bellbell

2018年5月20日 (日)

自然と健康と“暮らし”をデザイン

「そうだ、掃除が楽な家づくりヒント集をつくろう」
今年のGW休暇は、家族事情で少々てんてこまいな日々でしたが、家の不要品を一掃する絶好のチャンスとなりました。独立した息子の部屋にあった残置物もみんな破棄して家の中はスッキリ爽快。

雑巾片手に掃除しながら、ふと、「そうだ、掃除が楽な家づくりヒント集をつくろう」と思いついた。
例えば、素材は無垢の木や漆喰など静電気が起きず埃を寄せ付けないものを。
障子や飾り窓などの横格子は埃が溜まりやすいので縦型デザインがお薦め。
巾木の上にたまる埃の掃除から解放されたいなら入巾木に。
キッチンや洗面所など水栓は付け根に水垢が溜まらない壁付けタイプ。
食洗器を採用するなら換気扇のパーツや五徳を丸ごと洗える大型のものが便利、等々。

実はこれらは日頃の家づくりでご提案しているポイントばかりだが、社内リサーチしたらまだまだ出てきそう。
暮らしを見据えた家づくり、生活力のある女性スタッフが多い当社ならではの冊子が出来そうで楽しみだ。


OBのみなさまにお願いがあります。
お掃除の観点から、「これはよかった」「これは失敗した」というお話、もしよろしければお話お聞かせください。

家づくりの先輩方のご意見が加われば、より充実した冊子になります。
いつも頂いている担当メールアドレス、またはpassive@pppac.com  まで。


よろしくお願いします。





Dsc_0825_2

《只今設計中の鎌倉の家 住宅模型》

2018年5月10日 (木)

スケルトンリフォームの現場より 【雨漏れ】

以前リフォームさせていただいた現場の話。 築後35年の木造住宅。

Photo 下部拡大 ⇒ 2

 

寝室の壁紙に黒いカビが生じていた為、壁を剥がしたところ、隅の柱の下30センチほどが腐り、柱が宙に浮いた状態に。
原因は、2階ルーフバルコニー周りの防水施工不良による雨漏れ。
以前住んでいた方が増築をされたとのことでしたので、その時の工事に起因しているのではないかと思われます。

当然、腐った柱、傷んだ土台を交換しますが、ここで急いで壁を塞いではいけません。
原因となった二階の再防水施工後、放水試験を繰り返し、そのまま数日放置。水が回らないことを確認し、壁の仕上げをしました。

その家にとって今どのような工事が必要なのか、現場を見て考察するところから、リフォームのプランニングは始まります。


5/13(日)の家づくりセミナーにてお話します。

2018年4月17日 (火)

リフォームか建て替えか?考える前に住宅診断をしましょう

リフォームのお問い合わせがとても増えています。

耐震補強したい
キッチンなど設備を交換したい
収納をつくりつけたい
明るく風通しのいい間取りに変えたい
マンション・住宅を買ってスケルトンリフォームしたい
家の一室をサロンにしたい
そもそも我が家は建て替えたほうがいいのかしら・・

などその内容は様々ですが、リフォームを検討されている方へまずお薦めしているのが住宅診断(建物状況の把握)です。

建物の傾き、構造の劣化や腐食、雨漏れやカビが無いか、
これは室内側からだけでなく、できれば床下や小屋裏に入って確認するのが確実です。住宅診断で、床下の蟻道(シロアリの通り道)や小屋裏の結露が発見されるケースも少なくありません。

安心して永く住める家をお望みであれば、建物の状況をしっかり把握し、建物を
健全に維持するための対策に時間と費用をかけたいものです。


何を、どこまで、いくらかけて、工事をしたらいいのか・・
その判断をされるためにもプロの力を借りましょう。


5
13日(日)、住まいの健康診断と耐震診断についてのセミナーを行います。
リフォーム検討中の方、建て替えかリフォームか迷われている方は是非ご利用ください。

当日は、耐震診断士を講師にお呼びして、詳しくお話を伺います。

家づくりセミナー@日本橋「住まいの健康診断のススメ」

2018年3月28日 (水)

外張り断熱で高気密高断熱にリノベーション

築33年の木造戸建をリノベーション

外張り断熱と流れる空気のエアサイクル、そして第1種換気システムを導入した事例です。

ホームページにアップしましたので是非ご覧下さい

横浜のスケルトンリフォーム事例



2018年3月 4日 (日)

家づくり個別コンサルティング@日本橋

3月11日(日)は家づくり個別コンサルティングDay


「家づくりのこと、色々調べ始めたら何が良くて何が悪いのかわからなくなりました、、」
そんな声をよく聞きます。

どれが正解でどれが間違い、ということではなくて、
自分の人生設計、我が家のライフスタイルに一番ぴったり合う家(それをつくる会社・人)をみつけることが大事です。
それが成功する家づくりへの近道です。

個別コンサルティングでは、お客様にとって一番いい家づくりは何か、
を考え、ご提案させていただきます。
新築・リフォームに限らず、土地探しや分譲住宅についてのご相談でも結構です。

1組 90分迄
まずは無料で3月から始めます。ご活用ください。

2018年1月21日 (日)

リフォーム一覧 〜お困りのことは何ですか?〜

リフォーム事例一覧  〜お困りのことは何ですか?〜

無垢の木や漆喰などをふんだんに使ったマンションや戸建ての自然素材リフォームの実例を多数ご紹介しています。

断熱補強やサッシ交換により、夏涼しく冬暖かい家に生まれ変わったスケルトンリフォームの事例もあります。

自然素材の良さは吸放湿作用により室内を快適に保ってくれること、年月の経過と共に味わいが深まること。人にも住まいにも優しいPAC住宅 健康住宅のノウハウをリフォームに生かして、あなたのリフォームへの思いにお応えします。

next リフォーム事例はこちら

2018年1月19日 (金)

外張り断熱と流れる空気でエアサイクルリフォーム

外張り断熱と流れる空気でエアサイクルリフォーム


躯体内空間

現在の新築住宅は、高断熱高気密、耐震に重きが置かれています。
素晴らしいことですが「湿気」の問題が置き去りにされています。
リフォームも同じで、省エネ、耐震ばかりが強調され「湿気」が考えられていません。

あと20年30年暮らそうとリフォームするのであれば、土台や柱、梁などの構造材に「流れる空気がふれる」ようにする 部屋も風通しを良くするという要素を高断熱高気密、耐震に加えて検討していくことが重要です。
日本の木の家、在来工法であれば簡単なことです。


流れる空気のリフォームはマンションにも応用できます!