2017年9月23日 (土)

パッシブエアサイクル(PAC)住宅構造見学会/千葉

千葉方面のみなさまへ

外張り断熱で40年の実績を持つ
パッシブエアサイクル(PAC)住宅の建築現場見学会のお知らせです。 

10月8日(日) 10:30~
千葉市中央区にて

木の香り漂う現場にて、皆様のお越しをお待ちしています。

詳細・お申し込みはこちら
Dsc_2887
千葉の家 上棟の様子

Kimg1157
千葉の家 構造確認

Kimg1177
千葉の家 太陽熱を集める屋根通気層

2017年3月 5日 (日)

床下エアコンの効果

入居後三か月にもかかわらず、PAC住宅のしくみや特性を本当によく理解されて、ライフワークを存分に楽しまれているSさんからのお便りが届きました。
掲載のご承諾をいただきましたのでご紹介します。献立や来訪者の方々の反応まで、そのままです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年2月12日(日)夜
越谷宅にて、バドミントンの仲間が来てくれてモルディブのカレーの会を行いました。
野田宅から食器と長机を持参し、モルディブ部屋とダイニングエリアを使い会場セッティングしました
Cid_d9c326a741dc47cc910450e07e335a7

■当日のメニュー
写真の手前ピンぼけで写っているお皿が、モルディブカレーです。
その左側の皿には、自家製ロシ(インドナンの円形バージョン)。
モルディブカレーの上に写っている皿は、オードブル。
塩味のでマカデミアナッツ入りハート型デニッシュ(サーモン、チーズ添え)。
その他は、越谷のおいしいお豆腐とカツオの切り身が入ったグリーンサラダ。

■室内温度設定
室内20.3度、湿度38%
室外5.5度、湿度31%
エアコン設定25度
この後部屋の温度は21度に上昇。かくれん房を止めました。
この日は、お客さんが来るので通常の17〜18度では温度が低いと思い、いつもより高めの設定です。
当日は、昼過ぎからエアコン設定を徐々に上げ、室内温度を20度にしてからお客さんを迎えました。
Cid_eb011e22e102401ebbb0a8fe80d4f2b


■造作の駐車場
友人のワンボックスカー一台、軽自動車一台が入ってちょうどいい感じでした
Knophotostudio_1612280029



■感想
・食:カレーは、もう少し日本米と相性が合うような味の工夫が必要でした。
 カレーの味付けが少々薄かった。モルディブカレーに合うお米は、もう少し硬めに炊いた方が良かったです。
・酒:ビール、日本酒、ワイン赤、ワイン白。
・エアサイクルハウジングの家:客人たちがかくれん房を見た感想は、「へぇ・・・なるほどねぇ」と言う感じでした。
 それもそのはずです。
 私もかくれん房を初めて見た時は、八王子の〇〇さん宅でした。
 同じような感想を持ちました。
 初めて見る暖房装置は、良いとか悪いかとの判断は容易ではありません。
 室内の木の香りについては好評でした。
 間取りは、「 ? ? 」的な反応も若干見えました。
 どう考えても家族が住む間取りとは違うのでしょうがないですね。
・越谷の家もう一つの目的:友達を増やす目標があり、住み始めて毎月誰かお客さんが訪問しているので良い感じです。
 11月24日〜12月1日モルディブバドミントン協会会長 〇〇氏
 1月6〜7日元青年海外協力隊タンザニア体育隊員 〇〇氏
 2月12日バドミントンの仲間
3月19日は、エアサイクルハウジング見学会。
2階をキレイにするのがちょっと面倒ですが頑張ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



床下エアコンについてご本人の感想はこのお便りにありませんが、「家に帰ってきた時ほんのり暖かく、家中どこにいってもぬるい暖かさに満足!」と評価いただいてます。

床下、壁の中、天井裏の空気がつながり循環するPAC工法ならではの低温輻射暖房床下エアコンタイプを、このSさん宅で見学できるイベントがあります。是非チェックくださいね。
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
最寄り駅から送迎のご用意ができました。
越谷の家見学会


Img_9364new_2
リビングの一角にある「アーチの土壁」


Photo
造作でつくったキッチン
シンク下はゴミ箱置き場
日常使うものだけ置くから扉は要らない、という潔いスタイル







 
 

2017年2月21日 (火)

2月25日開催「家は急いで買わないで!ママの理想のLife Styleを叶える家づくり講座」

1月、足立のカフェ・イスルクさんにて開催された
「家は急いで買わないで!ママの理想のLife Styleを叶える家づくり講座」

18組のお客様の前でお話をさせていただきました。

20170218_2326212


~参加いただいた方のアンケートより~
「いつか故郷に戻って家を建てたいです」
「いま、中古住宅を探していて数年後リフォームする計画です」
「まだまだ先ですが、勉強のためにと思い参加しました」
「自然素材の家を建てるのが夢ですが予算が心配です」
「素敵な事例を色々と見られてとても良かったです」
「すごく参考になりました。少しづつ分かることを増やし、家族が気持ちよく過ごせる家づくりを目指して進めていけたらなと思います」
「お話を聞いていて家は注文住宅が良いと思いました」
「実際に家を建てられた方のお話も聞けて交流ができる機会は貴重で素敵です」
「家を買っちゃいました、リフォーム相談できますか?」

当日は子育て真っ最中のご家庭が多かったので、私の育児経験談(失敗談)も交えながらの本音トーク。こんなお話をさせていただきました。

◆玄関って誰のもの?
 立派な玄関より、使いやすい玄関収納・・
◆まわれる間取り
 廊下のないまわれる間取りは、温度差も解消できて家事もこんなにラク・・・
◆洗面室のつくり方
 タオルや下着をしまえる洗面収納と、あったら便利なタオル掛け2つ・・・
◆夢のライフスタイルを実現された方々の事例
 間取りと写真で事例紹介
◆ユーティリティ 
 仕事と育児、両立させるならキッチン横がオススメ
◆家の中の温度差は要注意
 温度差はカビ、ダニ、結露を誘引し、血管系疾患を持つお年寄りには大敵です!
◆自宅でサロン
 自宅でサロンを開きたい!という女性にぴったりの間取り・・
◆自然素材の話
 漆喰と珪藻土、どっちがいい? 

家を建てる(買う)前に知っておきたい「理想のライフスタイルを叶える家づくり」
リクエストにお応えして今週末、開催決定です。


自分に一番ぴったりな家づくりを見つけて頂きたいから
そのための第一歩を。

会場にてお待ちしています。

 
※会場のイスルクさんは、家事に育児に頑張るママ(パパ)のためのカフェ。
ベビーベッドやキッズルームがあるので家族でも安心してご参加いただけます。



講座の翌週、足立の建て主Hさん宅に皆さんをご案内させていただきました。
無垢のヒノキのフローリングが心地いい、日差しいっぱいの二階リビングにて。
Dsc_1665




2016年10月21日 (金)

ここちよい家を考える

すっかり秋らしくなってきました。
今日は運転していて、窓から入る風がとても心地よかったです。

さて、今日はセミナーのお知らせです。



アトピーや過敏体質の家族にも安心な住まい
大手メーカーにはできない自由な発想の家づくり
冬暖かく、夏涼しい家
そんな家づくりを求めている方へお届けします。

10月23日(日)13:30~
家づくりセミナー「風通しの良い家」
       於:井の頭公園駅前のカフェ&ギャラリー「宵待草」にて
14601022_919651514846472_6409358346
井の頭公園のすぐそば
美味しいコーヒーを飲みながら、心地よい家について一緒に考えてみませんか。



2016年10月 9日 (日)

尊厳と自立

「介護する側に便利なもの」でなく、「自立のために必要なもの」を考えなくてはいけない。

これは、障害者の尊厳と自立を目指し国内外で活躍中されているアビリティーズケアネット伊東会長の言葉です。

尊厳と自立。

高齢化、核家族化が進む今、それは家づくりにおいても普遍的なテーマだろう。
バリアフリーとかユニバーサルデザインという言葉は一般的になってきているが、表面的なテクニックではなく、自立や尊厳を意図したカタチでなければならないと思う。
答えは一つじゃから、1棟ごとに、日々実践。



Dsc_0804


さて、10月12日から14日、アビリティーズの展示会があります。
ご関心ある方は行かれてみてはいかがでしょうか。入場は無料。

アビリティーズケアネットは、1974年に日本で初めてリハビリ機器の展示会を霞ヶ関にて開催した老舗です。

2015年7月30日 (木)

生活から考える間取りと自然素材

窓の結露
押し入れのカビ
二階が暑くて眠れない
冬は過乾燥で肌がカサカサ

こんなことでお困りの方はいらっしゃいませんか


8月2日、大井町線尾山台駅前のカフェにて間取りと自然素材の話をします。

〈主な内容〉
漆喰と珪藻土の違い
珪藻土も漆喰も、本来はどちらも自然素材です。でも今販売されているものの多くに樹脂や保存料が・・
自然素材のつもりが自然素材でない?
私たちが漆喰をお勧めする理由とは
見えないところこそ呼吸する素材を
収納内部にもお勧めハイクリンスカットボード



白蟻駆除剤は安易に使ってはいけません
ミツバチ存亡の危機? 無臭無色のネオニコチノイド
第三のシロアリがアメリカからやってきた

環境に負荷をかけず子供やペットにも安心なシロアリ対策とは・・


快適間取りのワンポイント
アルコーブを上手に使って明るく便利に
収納は細長く !
回れる間取り、とは?


そんなお話をいたします。お時間ある方は是非どうぞ。

マンションや戸建のリフォーム事例もご紹介します。
Dsc_6078
8月2日(日) のカフェセミナー
http://www.passive.co.jp/event/#event_41


リフォームから新築まで。
50年100年先の子供たちにも誇れる家づくりを。

2015年7月 2日 (木)

ロフトが涼しい家

先週末の日曜日。
梅雨も中やすみで、外を歩けば日傘が欲しくなるほど暑い日の見学会でした。

室内に入ると,オイル仕上げの杉のフローリングが足にさらっと優しい
リビング横の畳コーナーからは有機栽培のい草の香り
キッチンとリビング、小上がりの畳コーナーは、化粧の柱や高さを抑えた造作家具でゆるやかに仕切られ、それがかえって実面積より広く感じられる
天板の高さ90センチのキッチンは、長身の夫妻に合わせたオリジナル
光と風の通り道にもなるよう組まれたスケルトン階段
1階のファミリースペースから2階のプライベートゾーン、そしてロフトまでを繋ぐ吹き抜け


随所に盛り込まれたアイデアもさることながら、皆さん驚かれていたのが
「二階もロフトも涼しい」ということ。

広がり間取りとPAC工法によるパッシブ換気、呼吸できる素材の多用によって、どこにいても心地よい空気の流れをご体感いただけたようです。

1435590928577.jpg

1435590930484.jpg

1435590931193.jpg

1435590931982.jpg

1435590932741.jpg

1435590933345.jpg

1435590934126.jpg




2020年の断熱義務化に向けて、今、高気密高断熱の家づくりが多く求められてますが、湿気と夏の熱気を機械換気に頼らず自然に排出できる術を、その価値を、もっと多くの方に知って欲しいと思いますsign03

夏、PAC住宅は床下の換気口と屋根頂部に据え付けられた越屋根を開放することで一気に気密は解除され、自然の風を取り込んで家中の熱気を排出するモードに変わります。



まだPAC住宅の夏を体験されていない方へ・・

是非この夏に、ご体感くださいsign01



PAC工法のしくみと効用をわかりやすくするセミナーもまもなくです。

7月3日(金) 6日(月) 13時~15時  日本橋事務所にて



女性限定、夏を涼しく、自然素材とラクラク家事の間取りのお話

7月24日(金) 10時~12時  大森駅近くのカフェにて

イベントの詳細はこちらからどうぞ。
http://www.passive.co.jp/event/



不安定な天候のこの時期、体調を崩されている方も多いようですね。
ご自愛くださいますように。


2015年6月21日 (日)

井の頭にて。

雨が降ったり止んだりの日曜日の今日は、終日井の頭公園近くにあるカフェ&ギャラリー宵待草さんにて。


昼は家づくりセミナー 
太陽熱や自然の風を利用して、四季をとおして心地よく暮らす日本の家づくり
そして自然素材を用いたリフォームの知恵と工夫、事例をご紹介

アメリカカンザイシロアリの話では、「へえー」 という声がいくつも上がっていました。
乾燥した材につくやっかいな白蟻、アメリカカンザイシロアリのことはまだまだ知られてなく、薬剤を使わず家を害虫から守るためのほう酸塩による対処方法と合わせ、さらに伝え続けていかなければと実感。


1434903434902.jpg

1434903435448.jpg




夜は長くお付き合いさせていただいている方々との親睦会。
素材にこだわったリツさんお手製のお料理はどれもとても美味しくて、お酒もずいぶん進んだようで・・
終盤戦のゲームも大盛り上り(^-^) 

1434903434242.jpg  

1434903432269.jpg

ご出席のみなさま、楽しいひと時をお過ごしいただけましたでしょうか。
またここで皆さんとお目にかかれる日を楽しみに、明日からも精進して参ります。

ありがとうございましたsign01



さて、来週は国分寺の家完成見学会。
午前中のみの開催です。
http://www.passive.co.jp/event/#event_36

2015年6月 8日 (月)

ビックサイト展示会終了!

シェアハウスラボのメンバーとして出展した東京ビックサイト「朝日住まいづくりフェア」
無事終了しました。

ブースへお運び下さったたくさんの方々、特別セミナーを聴講下さった方々、ありがとうございました。FB等で各方面からエールを贈って下さった皆様にも感謝です。
Dsc_5645_2

20150607230533_2
20150607230723_2
シェアハウスラボ 特別セミナーの様子
一日目はほぼ満席、二日目は立ち見も出るほどの賑わい
Dsc_5664_3
Dsc_5674_3
思い起こせば
メンバーが一同に会した初回のミーティングは二ヶ月前の4月。それから幾度もミーティングを繰り返し
20150607230436


本番を模して公民館で特別セミナーのリハーサルもして・・
Dsc_5567_2


本番二日前からブース設営

Dsc_5625
Dsc_5627_2



初日。開場前・・ ワクワクドキドキの瞬間
Dsc_5641_3



そして沢山の方々にご来場いただき、三日間の展示会は終わりました。
(気づいたら、会期中はお客様対応で写真がほとんどありません・・)
ところで、「なぜエアサイクルハウジングがシェアハウスを?」 というご質問を何人かの方から受けました。 年々増え続けている日本の空家事情、コミュニティやセキュリティを求める若者世代、ペットとの共生、心の豊かさの追求、そして高齢者の住宅事情、、
その受け皿としてシェアハウスがあるのなら、まさに「人と建物、そして環境の健康に貢献する」というエアサイクルハウジングの精神に包含されます。新しい住まいのかたちのひとつとして真剣に取り組んで参る所存です。
それにしても、チーム皆さんの動き、素晴らしかったですね
9時に集合してから5時過ぎまで立ちっぱなし話しっぱなしだったのに
お疲れ様でした!!

撤収作業もお見事。
プロ顔負けの機敏な動き。息もぴったりでカッコよかった!
Dsc_5696 Dsc_5697_2
Dsc_5698 Dsc_5699
Dsc_5701 Dsc_5703_2

Dsc_5686  Dsc_5683

2015年4月26日 (日)

流れる空気のリフォームで木造住宅の寿命を延ばす

Logo2


今、都内で戸建木造住宅のスケルトンリフォームの計画が進んでいます。
大幅な間取りの変更で、床・壁・天井を張替え、キッチンや浴室等の設備も交換、そしてもちろん断熱補強もします。さらに重要なのが「流れる空気のリフォーム」であること。

日本の家は昔から木でつくられてきました。雨が多い日本での家づくりには呼吸する木が理に適っていたのに、現代の家のありようは密閉化断熱化気密化の名のもと、息ができない(しにくい)つくりになってきています。


当社が推奨する「流れる空気のリフォーム」は、建物の断熱・気密を強化するばかりでなく、土台、柱、梁などの木材がさらに生き長らえるよう、床下・壁の中・小屋裏に空気の流れを確保して、表面だけでなく躯体ごと呼吸できる家にしようというものです。

極端な暑さや寒さからご家族を守り、そして湿気という観点からも人と建物を守りたい。

今回はコンセプトを共有する某メーカーとタッグを組んで、新たな面白い取り組みができそうです。経過はまたご報告します。

流れる空気のしくみの原理
この新築現場でもご覧いただけます

国分寺の家構造見学会