2018年6月17日 (日)

無垢フローリングに重曹は使わないで

2011年12月に書いた以下の記事が好評のため再度アップします。お掃除などに重宝な重曹ですが、無垢の床にはご注意を!





『すみません・・・床が大変なことになってしまいました。』

という電話が、引渡しをしたばかりの建主さんから入りました。画材のパステルを誤って床にこすり付けてしまったそうで、汚れを落そうと重曹で拭いたところ床が真っ黒になってしまったというのです。

「サンダーをかけてみますのでそのままにしておいてください。」とお答えし、本日大工と一緒に訪問したところ・・




S


床が真っ黒に変色していました。


重曹が木のアクを呼んでしまったのです。
「表面だけにとどまっていて・・」と願いつつ作業スタート


S_2


大工「あ、いけそうですよ」
市川「良かった・・・ 」

サンダーの動きと共に少しづつ元の色に戻っていくクリの床。




S_3


ほとんど分からなくなりました。(ホッ♪)

サンダーをかけた所にオイルを塗っておけばもう大丈夫。
多少の色の違いは残っていますが、半年もすれば色も馴染んで分からなくなります。
オイルの塗り方をご主人にご説明して帰ってきました。


danger重曹をお使いの方へ
エコクリーニングでキッチンや浴室には役立つ重曹ですが、無垢のフローリングには適しません。決してお使いになりません様に。畳や草を使ったラグなども同様です。

Happy chiristmas bellbell

2018年6月15日 (金)

窓の庇は要らない?

シャープなデザイン、ボックス型の住宅が流行ってます。

綺麗なフォルムだな、と思うこともあるけれど、ついつい私は窓に目が言ってしまう。
窓に庇(ひさし)が無い家が、とにかく増えた。

夏の日差し、遮らなくて大丈夫・・?
窓が開いてたら、雨がそのまま入って・・
サッシの汚れが雨で流されたら真っ白い外壁が・・

四季があり雨の多い日本において、日除け、防雨、外壁の汚れを防いでくれる庇の役割はちゃんとあるわけで。
窓の方角、大きさにもよるけれど、日々の住み心地とか、10年後20年後のメンテナンスを考えたら、できる限り庇はつけることをお勧めしたい、と思う。










2018年6月 5日 (火)

セミナー報告~油の話、自然素材リフォームの話

少ーし時間が空いてしまいましたが・・
5月26日開催した「食と住まいのセミナー@しもきたふぁーむ」のご報告


第一部は、セサミカイロプラクティクス(新宿)の古田朋子先生から、「油のはなし~その2」

Dsc_1229
油のお話をしている古田朋子先生。
小柄な身体にバイタリティと愛があふれています。


1527851681098
とってもわかりやすい資料をつくってきてくださった!
油の種類、普通にしてても知らず知らずのうちに身体に取り込んでる油、逆に積極的にとらないといけない油、いろいろあるんだってことを学びました。





1527415506304

第二部は、自然素材を使ったリフォームのお話をさせていただきました。
セミナー後、参加された方から素晴らしい感想をいただきましたのでご紹介します。

"食材にこだわるオーナーシェフレストラン""自然素材を使ったリフォーム"のセミナーの開催を知り、参加してきました。

日本の現代住宅は高気密、高断熱を最重視した結果、防水、増築、修繕後、通氣が上手くいかなくなり、カビや木材の劣化を招くので、的確な対応が必要だそうです。

漆喰や珪藻土は思った以上に汚れや掃除が扱いやすく、通氣性、防火性、電磁波、放射能低減効果もあり、落ち着きがなかった子供が、大人しく家で絵を描くようになったりいいこと尽くし。
そういえば、サロンコンサート開催してる都内のレストランも音にこだわり、壁に漆喰を使ってました。

合板のフローリングは接着剤を使ってるので過敏体質の人には負担になったり、ワックスのお手入れも大変だけれど、無垢の木材(サワラなど種類により差あり)を使ったフローリングは呼吸ができるので通氣性が高まるし、床に物を落としたりしても水を含ませたコットンを当てると凹んだ部分が元通りになっていくそうです。

セミナーの主催者でもある代表は、クライアントに寄り添い、疑問やリクエストにひとつひとつ丁寧に対応してくれる方。

空氣が滞留しやすく暑い家もちょっとしたアイデアで高額な工事費をかけずにすずしく快適な家へ変えられるそう。

戸建だけでなくマンションもレイアウトを変えたり、壁を漆喰に変えるだけで体調が良くなった施主もいらゃるケースも。

クレーム業界と言われる住宅業界で
10
年間、担当した施主と良好な関係を持ててるそうです。

工事現場での職人さんの表情にフォーカスした会社案内は、代表の人柄を表しているような氣がしました。

セミナーで食べたケーキはトッピングに自家製の桑の実、卵は紅花油の絞りカスを混ぜた御飯を食べてる鶏さんの産んだものをを使い、濃厚なカスタードクリームが楽しめます。
ショートケーキかと思いきや、中がミルフィーユケーキになってるサプライズ。

業者から仕入れる半加工の食材は使わず、いちから自分でとこだわるシェフが好印象でした。

Photo

セミナー終了後、レストランの紹介で近くのお蕎麦さんへ。

お蕎麦はもちろん、がつがつ食べれる良質な油を使った海老と野菜の天ぷら、出汁巻き卵、ユリ根の天ぷらや出汁トマト、蕎麦の実のとろろ和え、発酵豆腐など、美味しいお料理ばかり。

何も言わなくてもきちんと人数分に切り分けてくれる氣使いがとても嬉しかったです。

代表と参加者の方と初対面という事を忘れるほどお話出来て楽しかった。
セミナー内容も会場もお食事処もとても満足。  
素敵な出逢いに感謝

ありがたいご感想です


しかし、本当にシェフ特性ケーキは美味しかった
カスタードの概念が覆りました・・

下北沢へ行かれたら、一度お立ち寄りなさってはいかがでしょうか
ランチはシェフおすすめのメニューが日替わりで用意されています
駅から3分 静かな住宅街の一角です

しもきたふぁーむさんのツイッター
(HPは改修中だそうです)





2018年6月 1日 (金)

静岡の家完成

速報
5月に完成したパッシブエアサイクル住宅 静岡の家
写真が届きました。
 
P5301448


P5301439


P5301466_2

P5301457


P5301480

 
P5301572


P5301501_3  P5301488_2   

P5301465
P5301527


室内の床はウォールナット
壁と天井は100%自然素材の漆喰仕上げです



=お知らせです=

6月11日~13日
静岡の家でもお願いした淡路島の左官職人による
100%自然素材の漆喰塗りの工程が都内で見学できます
漆喰を塗っている現場は、ほんのり海の匂いがします
それは海藻海苔を使っているから。
ご関心ある方は担当までお問い合わせください



こちらからもご相談、お問い合わせできます
見学・お問い合わせ




2018年5月22日 (火)

セミオーダー住宅完成見学会

セミオーダー住宅 「エアサイクルラクーネル」1棟目
まもなく千葉市内に完成です。


初夏の体感、きっと参考になると思います。
エアサイクルラクーネル千葉の家見学会


Photo_2








2018年5月20日 (日)

自然と健康と“暮らし”をデザイン

「そうだ、掃除が楽な家づくりヒント集をつくろう」
今年のGW休暇は、家族事情で少々てんてこまいな日々でしたが、家の不要品を一掃する絶好のチャンスとなりました。独立した息子の部屋にあった残置物もみんな破棄して家の中はスッキリ爽快。

雑巾片手に掃除しながら、ふと、「そうだ、掃除が楽な家づくりヒント集をつくろう」と思いついた。
例えば、素材は無垢の木や漆喰など静電気が起きず埃を寄せ付けないものを。
障子や飾り窓などの横格子は埃が溜まりやすいので縦型デザインがお薦め。
巾木の上にたまる埃の掃除から解放されたいなら入巾木に。
キッチンや洗面所など水栓は付け根に水垢が溜まらない壁付けタイプ。
食洗器を採用するなら換気扇のパーツや五徳を丸ごと洗える大型のものが便利、等々。

実はこれらは日頃の家づくりでご提案しているポイントばかりだが、社内リサーチしたらまだまだ出てきそう。
暮らしを見据えた家づくり、生活力のある女性スタッフが多い当社ならではの冊子が出来そうで楽しみだ。


OBのみなさまにお願いがあります。
お掃除の観点から、「これはよかった」「これは失敗した」というお話、もしよろしければお話お聞かせください。

家づくりの先輩方のご意見が加われば、より充実した冊子になります。
いつも頂いている担当メールアドレス、またはpassive@pppac.com  まで。


よろしくお願いします。





Dsc_0825_2

《只今設計中の鎌倉の家 住宅模型》

2018年5月16日 (水)

食も住まいも同じだね。

4/3(火)下北沢のカフェ「しもきたふぁーむ」にて、カイロプラクターの古田朋子先生とコラボしたセミナーのことを振り返って。


「食と住まいのセミナー~自然素材の家づくりと油の話」 
写真は当日の様子

Photo_2

皆さんにとても熱心に聞いていただけて嬉しかったし、セミナー後の反省会もとても美味しくて(^^)、とても愉快で楽しい一日だったのですが、解散してから夜まで続いた古田先生とのやりとりが今でも印象に残っているのでご紹介したい。

家づくりも食も、根っこはホント同じだね
身体に悪いものよりは、身体によいものを選びたい。でも全部はなかなか難しい
セミナーが終わってすぐにデパートの食品売り場に行った人から「油を見に行ったんですが高くて買えないです!」って。
厳選されたものだけ選べたらいいけれど、それはお財布との兼ね合いもある
自分のライフスタイル、嗜好性、お財布とバランス取りながら、楽しく、納得できるものが選べたらいいね
無理なく楽しくが一番!
人によっても選択肢はいろいろ。同じ人でも季節によって変わる、年齢によっても変わる。
だからまず基本を知って欲しい。そして選ぶときのひとつの情報にしてもらえたらいいね




選ぶときのひとつの情報となるように、基本を知って欲しいので、「食と住まいのセミナー」 これからも続けます!
参加された方の感想
◆自然素材の家づくり
*しっくいの壁や自然素材にあこがれて本を読み、エアサイクルさんに問合わせました。いつか自然素材リフォームしたいです。ありがとうございました。
*衣食住の中でも、住についての知識がなかったのでとても興味深く楽しい内容でした。実際の住宅の写真がとても素敵で、いつか私もこんな空間の中で暮らしたいと感じました。
*憧れの家です。もっと早くに出会っていたらと思いました。
*風の通し方を縦に使ったり、窓の種類での活用も聞けて良かったです。昔の家の良さと現代の家への活用やフローリング、無垢についてもお話が聞けたら良かったです。
◆油の話
*油の種類がたくさんあってあいまいだったのですが、オリーブ油と亜麻仁油とはまた違う分類だったり、体の働きも違うので、もう一度家でも見直しながら生活に役立てたいです。

*油の使い方や料理方法なども聞けたら良かったです
*色々な油、それぞれ働きが違うんだと知りました。
*飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の違いなど、深く理解できました
*正直難しくて今日は入口という感じでした。できれば続きをお願いしたいと思いました
*高校の時にダイエットしすぎて接触障害になりました。身になる食べ物は大切だと改めて感じました。食べることが大好きなので今後は油についても気をつけたいと思いました。
*我が家の冷蔵庫からマーガリンが消えて20年程になりますが、トランス脂肪酸の害を改めて知ることができました。
*魚の油を食べると血液サラサラ、動物の油は血液ドロドロに、ということは聞いていたが化学記号を使った不飽和脂肪酸の説明で、なるほどそういうことだったのね、と腑に落ちました。
*遺伝子組み換えの作物を育てるのに農薬が大量に使われていて、その農薬で現地の人の健康に影響がある、、というお話が興味深かったです。自分や家族の健康だけでなく、作っている人、農家の人の健康にも役立つ買い物をしようという気持ちになりました。
*油を見にデパートに見に行ったのですが高くて手が出ませんでした。もともと油は安いものは使ってなかったし、それよりチョコやお菓子類の摂らなくていい油の摂取に気をつけた方が賢明かな。あとは外食を控えるのも大事ですね。

*全部は無理なので、自分らしく、無理なくです。




バーベキューも予約できるしもきたふぁーむのテラス




2018年5月10日 (木)

スケルトンリフォームの現場より 【雨漏れ】

以前リフォームさせていただいた現場の話。 築後35年の木造住宅。

Photo 下部拡大 ⇒ 2

 

寝室の壁紙に黒いカビが生じていた為、壁を剥がしたところ、隅の柱の下30センチほどが腐り、柱が宙に浮いた状態に。
原因は、2階ルーフバルコニー周りの防水施工不良による雨漏れ。
以前住んでいた方が増築をされたとのことでしたので、その時の工事に起因しているのではないかと思われます。

当然、腐った柱、傷んだ土台を交換しますが、ここで急いで壁を塞いではいけません。
原因となった二階の再防水施工後、放水試験を繰り返し、そのまま数日放置。水が回らないことを確認し、壁の仕上げをしました。

その家にとって今どのような工事が必要なのか、現場を見て考察するところから、リフォームのプランニングは始まります。


5/13(日)の家づくりセミナーにてお話します。

2018年5月 9日 (水)

スケルトンリフォームの現地調査 【床下と小屋裏】

スケルトンリフォームのご相談を受け現場へ。

床下点検口も床下収納もなかったため、施主にご承諾いただき床板をカットして床下をチェック。
Dsc_0727



基礎コンクリや、床を支えている木部(土台、大引、根太など)の状況を確認します。
水漏れやシロアリ被害がないかを、この段階で全て見られるわけではありませんが、大凡の見当はつけられます。
2


さらに、天井裏にも入って屋根下地の状況を確認。
雨漏れが起きている現場の場合は、水みち(水が流れた跡や流れるルート)の確認をします。
3



その家にとって今どのような工事が必要なのか、現場を見て考察するところから、リフォームのプランニングは始まります。


5/13(日)の家づくりセミナーにてお話します。

2018年4月 6日 (金)

ハーブティを飲みながら暮らしやすい家の話を。

外観のデザインは?
書斎があったらいいな~
キッチンは雑誌に出ていた○○がいいわね♪

新しい家の話は、夢が膨らみますね。


でもちょっと待って!

家は、見た目やデザインも大切ですが、
四季を通じて気持ちよく、永く快適に暮らせるかどうかが本当にすごく大事!

・家中の床があったかい
・梅雨時もカビや湿気に悩まされない

・風通しのいい家

・アトピーの子供たちにも優しい素材


そんな家づくりの話が聞けます。



4/8(日)11:00~

世田谷・尾山台駅前のハーブカフェ「マウント・バーノンの風」にて

セミナー「憧れの無垢の木と自然素材で快適な家を手に入れよう」

当社のアドバイザー正田純子よりメッセージ

「からだに害のないもの、安心安全なものを食べたいと思うように、家づくりもつくり手の顔がみえる安心素材を選びましょう!」






より以前の記事一覧