« 空き家活用でお困りの方へ | トップページ | 真夏日の体感会 »

2018年7月 9日 (月)

長持ちする家に必要な条件

スケルトンリフォームのご相談があり、都内のあるお宅を訪問してきました。
今まで叔母さまが使われていた築30年の木造家屋をリフォームし、今度は若い夫妻が使うのだそうです。
これから基礎や土台周り、小屋裏など本格的な建物調査をしっかり行い、構造の検討、間取りの打ち合わせに入ります。
20180701_132030
 
【長持ちする家について】
戸建リフォームの場合、間取りや素材と同時に考える重要な要素があります。
それは「この家を長持ちさせるためにはどうすればいいか」ということ。
え?傷んでいるところを補修して長持ちさせるのがリフォームじゃないの?
と思われる方も多いかもしれません。
しかし、
リフォームしたらカビが出た・・
リフォームしたら窓に結露・・
リフォームしたところから雨漏れして柱が腐った・・
実は、こうしたニュースを近年よく聞きます。
より便利に、より快適に暮らすためのリフォームなのに、、本末転倒ですね。


それまで風通しのよかった家、床下や天井裏に自然と風が流れていた建物に、断熱材を入れたり、断熱気密性能が高いサッシに交換したり、室内側に石膏ボードを張り巡らせる工事をするならば、換気についてきちっと検証するべきです。
今まで流れる風に触れ、呼吸できていたことで健全な状況を保っていた土台や柱などの構造材が息をつまらせないように。
換気の方法は主に二通りあります。
・自然に空気が流れる構造にする
・機械換気の力を借りる
どちらがいいかは、建物状況や工事規模によりご提案していますが、できれば自然の風の流れをベースに、足りない時は機械換気の力を借りるのがいいと私は考えています。
万一停電した時も、その方が安心ですしね。
今まで何十年と生きながらえてきた構造材が、これからも永く家の土台骨となって、安心安全な暮らしを支えられるようなリフォームを考えましょう。
もちろん、夏涼しく冬暖かく過ごすための断熱工事と同時に実現可能です。


耐震補強工事を希望される方も増えてます。
建物の耐震強度、評点を計算する時、木材と構造金物は出荷時の強度が前提です。耐震強度を維持させるためにも、木材が常に健全な状態であることが重要です。
新築はもちろん、リフォームであっても、長持ちする家のためのキーワードは「構造材を流れる空気に触れさせる」ことです。

本の家ならリフォームも流れる空気が大原則








« 空き家活用でお困りの方へ | トップページ | 真夏日の体感会 »

リフォーム・アイデア」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

家づくりへの思い」カテゴリの記事