« 土で遊ぶ かまどづくり  | トップページ | 建て替えとリフォームどちらがいいの? »

2018年5月 9日 (水)

スケルトンリフォームの現地調査 【床下と小屋裏】

スケルトンリフォームのご相談を受け現場へ。

床下点検口も床下収納もなかったため、施主にご承諾いただき床板をカットして床下をチェック。
Dsc_0727



基礎コンクリや、床を支えている木部(土台、大引、根太など)の状況を確認します。
水漏れやシロアリ被害がないかを、この段階で全て見られるわけではありませんが、大凡の見当はつけられます。
2


さらに、天井裏にも入って屋根下地の状況を確認。
雨漏れが起きている現場の場合は、水みち(水が流れた跡や流れるルート)の確認をします。
3



その家にとって今どのような工事が必要なのか、現場を見て考察するところから、リフォームのプランニングは始まります。


5/13(日)の家づくりセミナーにてお話します。

« 土で遊ぶ かまどづくり  | トップページ | 建て替えとリフォームどちらがいいの? »

マンションリノベーション」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

自然素材と職人たち」カテゴリの記事