« 健康住宅が当たり前なのに・・・ | トップページ | 収納空間の作り方ポイント »

2018年1月13日 (土)

収納のカタチ

主婦にとって、収納は大きな関心事の一つであろう。

収納は言ってみれば、その家の生活の在り方を表すと言っても過言ではない。
収納は生活のカタチといえる。
となれば収納のカタチは数限りなくあるといえる。
家づくりをする際に、この収納の在り方は常に大きなテーマとなっている背景は、収納が家族の生活を表すという事から考えれば合点がいく。
そして収納の「面白さあるいは難しさともいえるかもしれないが、収納を決定づける生活は時間とともに変化していくのだから、当然それに応じて収納も変化していく必要があるという所だろう。
PAC住宅は、生活の変化に対応が柔軟にできる「広がり空間」という間取りを提唱してきた。そういう観点から考えれば、収納の在り方も自ずと見えてくるのかもしれない。
時間の変化に対応できる収納の在り方は何かというテーマか。

« 健康住宅が当たり前なのに・・・ | トップページ | 収納空間の作り方ポイント »

家づくりへの思い」カテゴリの記事