« なぜ室内間の温度差ができるのか? | トップページ | 建物の中に冷たい所をつくらない »

2018年1月16日 (火)

収納空間の位置

収納空間そのものの在り方も重要なテーマだが、その前に収納が建物内のどこにあったらいいのかという事を考えてみたい。

当然、住まい方は千差万別なのだが、少し大きくとらえて、一般的に見てみたい。
例えば、勝手口ではなく玄関から出入りする。そして料理が好き、良くする。そんなご家庭の収納空間はどこがいいか。
玄関と台所の間に収納空間が存在していたら便利かもしれない。
買い物をしてきて玄関から入り、手荷物を玄関からすく横の収納の戸を開けて、その中に買い物の荷物を一時的において置く。
その後は、台所側から収納空間に入り、荷物を整理する。
収納に保存するものは保管し、キッチンで使用するものは台所に持っていくという算段もできる。
この例は料理を良くする人の例で考えたが、色々と応用の効く考え方でもある。
アウトドア好きの方であれば、その道具をどう置くかにも当てはまりそうだ。

« なぜ室内間の温度差ができるのか? | トップページ | 建物の中に冷たい所をつくらない »

家づくりへの思い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528934/66276229

この記事へのトラックバック一覧です: 収納空間の位置:

« なぜ室内間の温度差ができるのか? | トップページ | 建物の中に冷たい所をつくらない »