« 収納空間の作り方ポイント | トップページ | 収納空間の位置 »

2018年1月15日 (月)

なぜ室内間の温度差ができるのか?

リビングは暖房が効いていて暖かい。廊下は寒いそれ以上に冷たい。

お風呂の床は冷たい、湯船は暖かい、洗面は寒い。
こんな建物内の温度差があるのは当り前と思って気にもしない方も多いが、冬は危険極まりない要素でもある。
なぜこんなにも極端な温度差ができるのかを考えてみる。
一つは空間の分断であろう。分かりやすくいうと個室中心の家で、玄関から中廊下が伸びている間取りだ。今でいう何LDKという事。これは当然、温度差が大きくなる。
暖房してる部屋は温まり、廊下は冷たいまま。
日の当たる空間はぽかぽか、北側の部屋はぞくっ。
さらには建物の断熱の問題。
昔の家のように、壁や天井に断熱材が入っていない、窓はガラス一枚で隙間風が入るなど、建物のつくりようが寒さ対策をしていない。こんな家は寒い所だらけ。
他にも色々と考えられるが、温度差は暖房器具の問題ではなく、建物のつくりようということを強調したい。

« 収納空間の作り方ポイント | トップページ | 収納空間の位置 »

家づくりへの思い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528934/66276201

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ室内間の温度差ができるのか?:

« 収納空間の作り方ポイント | トップページ | 収納空間の位置 »