« マンションの居住環境を劇的に改善する | トップページ | 冬期の加湿 »

2018年1月26日 (金)

外用の収納スペース

庭仕事の好きな方は、色々と道具なども増えてくる。こうした物の置き場所に苦労している方も多いのでは。

一般的には物置小屋をつくる、市販の物置を購入することになるだろうが、家を建てる場合、この外物置を建物本体に組み込んでしまう、という考えもできます。
建物の外周に外から開閉可能な部屋をつくると連想していただければいい。
そうすれば市販のデザインがそぐわないような物置を置く必要はなくなるし、建物に組み込まれているだけに、よりきれいに丁寧に収納しようという気になるかもしれない。
また最初から設計できるので、置くものや使い勝手を考えて、様々な形が工夫できます。
例えば奥行きは浅く、幅が広いなどというおよそ市販ではありえないような収納のカタチが可能になります。
また必要に応じて、建物の外からの使用ばかりではなく、建物の中からの使用も可能となるなど応用範囲は広く、面白いものになりうる可能性もあります。



« マンションの居住環境を劇的に改善する | トップページ | 冬期の加湿 »

家づくりへの思い」カテゴリの記事