« 温度と湿度は深く関係している | トップページ | 温湿度計を家中に置く »

2018年1月24日 (水)

本の置き場所

本の置き場所と聞けば連想されるのは、書斎とか本棚、本箱といったところか。

しかし現実の家づくりとしては、書斎をつくることはあまりない。書斎はかつての男の憧れといった所であろう。
そして本にはステータスシンボル的なイメージも強かったと思える。それの理想的な実現が書斎に立ち並ぶ本棚、ぎっしりと詰まった本ということになりそうだ。
現在は本というよりはネットで必要なことをサッと調べるそんな時代になっている。その分、ロマンが失われ少しばさついた感じもするが、便利になった。
そんな時代を補うようにか、色々な絵本が出回り、大人も愉しんでいるというが、やはり本を手にとる楽しみはこれからも続くのだろう。
そうであれば書斎に本棚ではなく、生活の要所要所に本の置けるちょっとしたスペースを設けたいものだ。
例えば、玄関に、トイレに、階段に、寝室に、あるいは台所に。お風呂用に洗面室にと。
そんな自由な発想を駆使してみたらどうだろうか。

« 温度と湿度は深く関係している | トップページ | 温湿度計を家中に置く »

家づくりへの思い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528934/66288253

この記事へのトラックバック一覧です: 本の置き場所:

« 温度と湿度は深く関係している | トップページ | 温湿度計を家中に置く »