« 富士ヒノキ視察 | トップページ

2017年5月10日 (水)

無垢の木の家

お引渡しから15年、20年と年月が経った入居者様宅を訪問させて頂く機会が増えました。
担当者はもちろん、私も同様です。

当時から、当社は構造材や床に国産のスギやヒノキの無垢材を使っていますが、10年も過ぎるとどのお宅も床は褐色に色づき、優しい温もりを醸し出しています。
そして、ところどころのすり減りや傷も含め、木の家を愛おしんでおられる建て主の暮らしがそこにはあります。

15年も経てば、設備の交換やプロによるメンテナンスが必要な箇所も出て来て、担当が訪問する時には、自分たちで出来る補修や汚れ落としのコツなどをアドバイスさせて頂いたり、逆に教えられることもあり。

そうした担当者たちの経験は、また次の建て主の家づくりへと転嫁されていく。

それも新築からアフターメンテナンスまで、一貫して対応している当社の良さなのだと、改めて思います。

Dsc_2332


Dsc_6921

Dsc_2155

Dscn2958_2

Dsc_2173




 










« 富士ヒノキ視察 | トップページ

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事