« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月24日 (金)

小高の家

福島県南相馬市小高区に1棟のPAC住宅があります。
2005
年、ご両親と暮らすためにYさんが建てた家ですが、今、そのYさんは避難先の千葉でご家族と暮らしています。

昨年Yさん夫妻との再会が叶い、震災から4ヶ月後の20117月に一時帰宅された時の様子などを話してくださいました。

家中カビだらけになってしまって苦労されていた家が多かったのに、ウチはカラカラ、乾燥していたくらいです。
換気口は閉めたまま避難しました。空気は回っていたんですね。
でも冷蔵庫だけは大変でした。酷い臭いですぐに外に出しました。
震度7の揺れにも建物の被害はほとんどなく、梁の数箇所にひび割れが出たくらい。
家はしっかりしていたのですが、家の周りの地盤が沈んでしまい基礎との間にできた隙間を埋めました。
両親は来春戻ります。
6年間あっという間でした。Y家は皆笑顔で暮らしています。出会った方々に感謝の気持ちでいっぱいです


昨夜、再放送されていたNHKスペシャル「故郷つなぐ相馬野馬追~原発事故5年目の夏~」
その舞台が小高区でした。




2017年3月19日 (日)

PAC住宅越谷の家 体感会終了

Img_9461new_2


体感会の後、Sさんからのサプライズ。
手作り「モルディブカレー タンドリーチキン添え」をご馳走になりながら、家づくりの話、木の話、そして村おこしの話題で盛り上がりましたー。
Dsc_1853

Dsc_1852


Dsc_1859




 
さて、明日は三鷹でリフォームのセミナー。
最近増えてきている断熱リフォームですが、間違ったリフォームがカビや結露などを招いてしまうというトラブルも続出しているようです。

建物を長持ちさせて心地よく暮らすためのリフォームのポイントを、お話してきます。
20170319_2

詳細とお申し込みはこちらからどうぞ。若干名お席あります。
自然素材と流れる空気で快適リフォーム




2017年3月 5日 (日)

100%自然素材の漆喰と流れる空気のスケルトンリフォーム

3/20(祝・月)10時半~
井の頭公園駅前の宵待草にてリフォームのお話をさせて頂くことになりました。

“間違ったリフォームが結露や家の腐れを呼ぶ!”

住宅のスクラップ&ビルドの時代は終わり、これからは既存の建物に手をかけて価値あるものとしてどう活用していくかを真剣に考えていかなければならない時代です。
しかし、安易な断熱リフォームはともすると結露やカビなどを生じさせ、かえって建物の寿命を縮めてしまうことにも?!
家族の健康を守り、家を長生きさせられるリフォームとは??

私たちがなぜ流れる空気にこだわり、自然素材にこだわるのか。
制限ある中ですがお話させていただきたいと思います。よろしければ是非お越し下さい。
「100%自然素材の漆喰と流れる空気で快適リフォーム」



R0027274

R0000010



床下エアコンの効果

入居後三か月にもかかわらず、PAC住宅のしくみや特性を本当によく理解されて、ライフワークを存分に楽しまれているSさんからのお便りが届きました。
掲載のご承諾をいただきましたのでご紹介します。献立や来訪者の方々の反応まで、そのままです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年2月12日(日)夜
越谷宅にて、バドミントンの仲間が来てくれてモルディブのカレーの会を行いました。
野田宅から食器と長机を持参し、モルディブ部屋とダイニングエリアを使い会場セッティングしました
Cid_d9c326a741dc47cc910450e07e335a7

■当日のメニュー
写真の手前ピンぼけで写っているお皿が、モルディブカレーです。
その左側の皿には、自家製ロシ(インドナンの円形バージョン)。
モルディブカレーの上に写っている皿は、オードブル。
塩味のでマカデミアナッツ入りハート型デニッシュ(サーモン、チーズ添え)。
その他は、越谷のおいしいお豆腐とカツオの切り身が入ったグリーンサラダ。

■室内温度設定
室内20.3度、湿度38%
室外5.5度、湿度31%
エアコン設定25度
この後部屋の温度は21度に上昇。かくれん房を止めました。
この日は、お客さんが来るので通常の17〜18度では温度が低いと思い、いつもより高めの設定です。
当日は、昼過ぎからエアコン設定を徐々に上げ、室内温度を20度にしてからお客さんを迎えました。
Cid_eb011e22e102401ebbb0a8fe80d4f2b


■造作の駐車場
友人のワンボックスカー一台、軽自動車一台が入ってちょうどいい感じでした
Knophotostudio_1612280029



■感想
・食:カレーは、もう少し日本米と相性が合うような味の工夫が必要でした。
 カレーの味付けが少々薄かった。モルディブカレーに合うお米は、もう少し硬めに炊いた方が良かったです。
・酒:ビール、日本酒、ワイン赤、ワイン白。
・エアサイクルハウジングの家:客人たちがかくれん房を見た感想は、「へぇ・・・なるほどねぇ」と言う感じでした。
 それもそのはずです。
 私もかくれん房を初めて見た時は、八王子の〇〇さん宅でした。
 同じような感想を持ちました。
 初めて見る暖房装置は、良いとか悪いかとの判断は容易ではありません。
 室内の木の香りについては好評でした。
 間取りは、「 ? ? 」的な反応も若干見えました。
 どう考えても家族が住む間取りとは違うのでしょうがないですね。
・越谷の家もう一つの目的:友達を増やす目標があり、住み始めて毎月誰かお客さんが訪問しているので良い感じです。
 11月24日〜12月1日モルディブバドミントン協会会長 〇〇氏
 1月6〜7日元青年海外協力隊タンザニア体育隊員 〇〇氏
 2月12日バドミントンの仲間
3月19日は、エアサイクルハウジング見学会。
2階をキレイにするのがちょっと面倒ですが頑張ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



床下エアコンについてご本人の感想はこのお便りにありませんが、「家に帰ってきた時ほんのり暖かく、家中どこにいってもぬるい暖かさに満足!」と評価いただいてます。

床下、壁の中、天井裏の空気がつながり循環するPAC工法ならではの低温輻射暖房床下エアコンタイプを、このSさん宅で見学できるイベントがあります。是非チェックくださいね。
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
最寄り駅から送迎のご用意ができました。
越谷の家見学会


Img_9364new_2
リビングの一角にある「アーチの土壁」


Photo
造作でつくったキッチン
シンク下はゴミ箱置き場
日常使うものだけ置くから扉は要らない、という潔いスタイル







 
 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »