« PAC住宅越谷の家 体感会終了 | トップページ | 外張り断熱で40年 流れる空気が重要な理由 »

2017年3月24日 (金)

カビに強い家 (福島県小高の家の事例)

福島県南相馬市小高区に1棟のPAC住宅があります。
2005
年、ご両親と暮らすためにYさんが建てた家ですが、今、そのYさんは避難先の千葉でご家族と暮らしています。
昨年Yさん夫妻との再会が叶い、震災から4ヶ月後の20117月に一時帰宅された時の様子などを話してくださいました。

家中カビだらけになってしまって苦労されていた家が多かったのに、ウチはカラカラ、乾燥していたくらいです。
換気口は閉めたまま避難しました。空気は回っていたんですね。
でも冷蔵庫だけは大変でした。酷い臭いですぐに外に出しました。
震度7の揺れにも建物の被害はほとんどなく、梁の数箇所にひび割れが出たくらい。
家はしっかりしていたのですが、家の周りの地盤が沈んでしまい基礎との間にできた隙間を埋めました。
両親は来春戻ります。
6年間あっという間でした。Y家は皆笑顔で暮らしています。出会った方々に感謝の気持ちでいっぱいです


昨夜、再放送されていたNHKスペシャル「故郷つなぐ相馬野馬追~原発事故5年目の夏~」
その舞台が小高区でした。


« PAC住宅越谷の家 体感会終了 | トップページ | 外張り断熱で40年 流れる空気が重要な理由 »

入居者の声・訪問記」カテゴリの記事