« 埼玉県越谷の家見学会にて。 | トップページ | ここちよい家を考える »

2016年10月 9日 (日)

尊厳と自立

「介護する側に便利なもの」でなく、「自立のために必要なもの」を考えなくてはいけない。

これは、障害者の尊厳と自立を目指し国内外で活躍中されているアビリティーズケアネット伊東会長の言葉です。

尊厳と自立。

高齢化、核家族化が進む今、それは家づくりにおいても普遍的なテーマだろう。
バリアフリーとかユニバーサルデザインという言葉は一般的になってきているが、表面的なテクニックではなく、自立や尊厳を意図したカタチでなければならないと思う。
答えは一つじゃから、1棟ごとに、日々実践。



Dsc_0804


さて、10月12日から14日、アビリティーズの展示会があります。
ご関心ある方は行かれてみてはいかがでしょうか。入場は無料。

アビリティーズケアネットは、1974年に日本で初めてリハビリ機器の展示会を霞ヶ関にて開催した老舗です。

« 埼玉県越谷の家見学会にて。 | トップページ | ここちよい家を考える »

イベント・見学会」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

食品・健康・文化」カテゴリの記事