« 落慶式 | トップページ | ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償 »

2016年1月 1日 (金)

,謹賀新年

Ekinpkaln6py7i69dmyl0mkvbadwciei3_5


あけましておめでとうございます。
2016年の幕開け、皆様いかがお過ごしでしょうか。


昨年は衣替えのできる家「PAC住宅」の新築に加え、既存住宅の構造を活かし思い出を継承していく大規模改修工事のご相談が多い年でもありました。

「今の家を使いやすく、温かく、安心して暮らせるようにして次の代まで。」
そう願う方が増えてきていることはいいことです。
そこで大切にしたいのが、表面上のお化粧直しにとどめず、建物の内部までしっかり見極め計画を立てること。悪いものには蓋をして・・ではかえって建物の寿命を縮めてしまうことにもなりますから。

見えないところを大切に、呼吸できる素材と流れる空気で日本の木の家を守る。
その本質はパッシブソーラーPAC工法の新築と同じです。


家(建物)は社会的にも、環境にも、そして身体の健康にも、大きく関与影響していく。
安易に建てた家が20年後30年後、巨大なゴミの山にならぬよう、次の世代にただ負荷をかけるだけの家づくりにならぬよう、その思いをこめたスローガンがこのブログタイトルにもある「50年100年先の子供たちに誇れる家づくりを」です。


挑戦していきたいことが沢山あります。
さらに精進してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。


平成28年 元旦


~久しぶりにゆっくり家族と過ごす自宅にて~

« 落慶式 | トップページ | ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償 »

家づくり」カテゴリの記事