« アトピーにも家族にも優しい家を。 | トップページ | いわきにて。 »

2015年11月25日 (水)

制度と質。

毎週一回、自然食糧店美味さんから新鮮な野菜を届けていただいてます。そこにいつも添えられている店主手書きの美味レター。

これは先週号です。
Photo_3
 
読みにくい方もいると思いますので一部抜粋します。
有機肥料の偽装が発覚してとても残念です。
私が35年前に店を始めた頃、有機という言葉もあまり知らせておりませんでした。私たちは全国の有機農産物をつくる生産者を訪ね、一番初めに見せていただくのは「たい肥小屋」でした。自前の有機肥料を天地返して土作りをしている姿をみてきました・・・・

・・・数年前に「有機認証制度」ができた事も農家の方の負担になりました。
アメリカのように広い土地で少ない品目を大量につくる農産物にはいい制度かもしれませんが、日本のように狭い土地で多品目をつくる農業にはこの制度は苦しめる制度になってしまいます。
毎年この認証を受ける為には多額な費用がかかるのです。この認証制度の検査を受けなければ有機農作物として店頭で表示することができません。
昔から土作りをして素晴らしい有機農産物を作っていたとしても、この制度が邪魔をします。
・・・・どうぞ認証マークだけに惑わされることがないようご理解いただきますようお願いいたします。



「家づくりも同じだ・・」そう思った。

日本の木の家をまっとうに建てている地元工務店が、制度に押しつぶされそうになっている・・そんな話を昨日もしたばかり。
家族、環境の健康性を追求していこうとするなら、日本の木の家づくりが大切にされるべきだし、私はそれを「流れる空気」で守りたい。






京王線井の頭公園駅前のカフェ&ギャラリー「宵待草」
11月29日(日)、ここで長寿命な家を考えるセミナーをします。
流れる空気で日本の木の家を守る、とは? 

長寿命な家を考える 200年住宅とPAC工法
Sdsc_2566




« アトピーにも家族にも優しい家を。 | トップページ | いわきにて。 »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事