« アロマ講師とバスフィズ(発泡入浴剤) | トップページ | 帰還の便り。 »

2015年5月27日 (水)

こだわりの巾木、胴縁、石膏ボード、そして漆喰。

Dsc_5531_2

建築中の横浜の家。
巾木と横胴縁。そして吸放湿性能抜群・吉野石膏のハイクリンスカットボード。
家が完成したら見えなくなるこういう所にPACはこだわり続けます。

永く、強く、健やかな暮らしのために。




そして、上棟から4ヶ月。まもなく木工事は終いとなり、内部の仕上げ工事へ進んでいきます。

5月31日から淡路の左官職人植田さんによる左官工事が始まります。使用するのは樹脂が混ざってない「本漆喰」。

本漆喰は吸放湿性に優れ、静電気を帯びないのでホコリも寄せ付けず、臭いも吸着。メンテナンス性もよくペットのいるお宅にもお勧めしています。壁や天井に、素晴らしい素材です。
しかも、リフォームでクロスの上から漆喰を塗ることもできます。
新築で、リフォームで、あわせて17000㎡を超えて今まで壁や天井を塗って頂きましたがクラック、剥がれなどのトラブルはゼロ。技術と経験があってこその「本漆喰」です。

混ざりもののない本物の漆喰。他ではなかなか見られません。仕上げの工程を見学いただくことができますので希望される方は事前にご連絡ください。


Pac_02715 Pac_03012_2

Pac_02922_2Pac_02700_3Pac_02795




« アロマ講師とバスフィズ(発泡入浴剤) | トップページ | 帰還の便り。 »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事