« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

PAC住宅入居後の感想 Nさんより。

桜咲くほんの少し前、3月26日に東京から兵庫県川西の新居に引っ越されたNさんからメールが届きました。
引越し時のハプニングのところは若干ハラハラしながら読みましたが、床下エアコンの使用状況、体感など、貴重な生の声です。Nさんにご了解いただき、そのままご紹介させていただきます。



市川様・泉池様・
栫様
3月26日に荷物を搬入しました。26日から本日29日まで整理をしていますが、どこに何を入れるから考えていますので、6割ぐらいの完了となっています。



【26日のハプニング


①和箪笥が上下に分かれますが、上の部分が110㎝の高さで
階段コーナー2段目で曲がりきれずにギブアップとなりました。
吹抜けから上げることになり、5人がかりで吊り上げました。

②整理箪笥の大きさと、実際の収納場所がほぼ同じ大きさだったので収納できるか心配でしたが、ぴったりと収まりました。

③洗面所入口の幅が洗濯機とほぼ同じ幅でしたが、こちらも無事収納できました。

Photo   Photo_2

【実際に暮らしてみて】

26日、27日と15度前後の寒い日が続きました。
26日午前9時頃から床下エアコンを25度で運転しましたが家の中は寒く感じました。個人差がありますが、特に家内は寒がっていました。(※1)

28日(土)は快晴で外気も20度を超え、床下エアコンは20度で運転しても暖かく感じました。

本日29日(日)は外気は16~7度ぐらい、床下エアコンは20度で運転しました。室温は17~18度二人とも寒さは感じず快適に作業出来ました。



【感想】


実際に生活した日数は少ないですが、木の香りが心地良いです。家の中にいるとホットする気持ちです。

階段を日に何回となく往復していますが、全く苦になりません。
床も1階と2階とで歩く感じが異なり、楽しんでいます。

思ったよりも家の中は広く感じます。音響効果も良く家の中のどこにいても
人の気配を感じることが出来安心できます。

住み心地の良い家を作って頂き大変感謝しています。
ありがとうございました。

【奥様より】

和室下の収納庫作ってもらえばよかったとーこれだけが後悔していますーー(※2)
時間の移ろいが居ながらにして感じられ、朝白み始めるのを目にしながらご飯の支度が出来るのは、心地いいものです。
お風呂、洗面所が明るくてとても気持ちいいです。
皆さまのお蔭で心地よく過ごさせていただいています。
本当にありがとうございました。



※1 冬の工事では完成直後の建物は冷蓄された状態です。太陽熱や生活熱が建物全体に行き渡り本来の冬モードの効果が得られるまで少し時間が必要です。
可能であれば入居数日前から徐々に暖房を利用することをお勧めしています。

尚、人が快適さを感じるのは室温だけではありません。床・壁・天井、そして窓からの熱の逃げが大きければ室温が高くても寒さを感じます。PAC住宅の最も大きな特徴は
床・壁・天井の表面温度を一般住宅のそれより高くしかも均一化し、輻射熱によって健康で快適な空間を実現しようというものです。

※2 設計途中で取り止めにした畳下の収納。


Nさん 感謝です
shine


見学会があります。多くの方にPAC住宅をご体感いただきたいと思っています。

4月5日(日) 
横浜妙蓮寺の家 見学とホウ酸セミナー

4月14日(火)
府中の家 漆喰と外付ブラインドを見にいこう!





2015年3月30日 (月)

飲む柿渋 始めました。

ポリフェノールの横綱。血液をきれいに、悪玉活性酸素を退治する「飲む柿渋」をご存知ですか?
・悪玉コレステロールを退治
・脂肪の酸化を防ぐ
・血液を浄化する
・血糖値の上昇を抑える
・細菌やウイルスの繁殖を防ぐ 
・体臭を抑える
・歯周病や歯槽膿漏にも  etc...
赤ワインの10倍以上のポリフェオールを含む柿渋。古くから飲み継がれてきた天然果汁です。

実際に飲んでいる人の話を聞き、「これはすごいかもしれない・・」と思い、自分でもしばらくの間試してみました。
社内のスタッフにも飲んでもらいました。
「この匂いはダメ・・」というスタッフ1名を除き全員で。

味にクセはありません。歯磨きやマウスウオッシュとしても手軽に使えて好評です。
独特な特性と匂いがあるため、まずは一本づつ、直接手渡し出来るかたにお分けしています。(1本2000円)
                              Dsc_5156_4

歯垢が取れた
ダイエットにいいかも
眠りが深くなった気がする


そんな体験談も含め、4月26日(日) 東伏見の自然食料店美味にて柿渋をご紹介します。
試飲もできます。ご興味ある方は是非どうぞ。
 ↓
柿渋と健康についてのセミナー







続きを読む "飲む柿渋 始めました。" »

2015年3月22日 (日)

間接照明とオリジナル照明

今回は間接照明について。



2_3 Rimg0051
板張りの天井を出っ張らせ、光の広がりを上方へ向けた事例


Rimg0060
手洗いならこのくらいの明かりで十分


 
Led_2
漆喰のRがまろやかさを演出
LEDのライン照明を使いたい場合は、パターンの漆喰がお勧め
LEDの硬い灯りを柔らかく拡散してくれます。


Photo_3
板張りの天井
トップライトと間接照明の組み合わせ


Photo_4
玄関・飾り棚の下方を照らす照明


Led
間接照明ではありませんが・・
トップライト手前の格子状ガラリにLEDを取り付けた事例


壁に照明器具を仕込み、オリジナルのステンドグラスでカバー。

現在建築中、設計中のいくつかの建物の照明計画について、あーしたらこーしたら、と考えていた矢先の昨日、あるステンドガラス作家の展示会があったので行ってきました。

行ってよかった。夢があってガラスも上質で、色使いがとても綺麗。
見た瞬間気に入り、さてさて、どこかの家で使えないだろうか、、 と建築化照明への構想がムクムクと・・。早速設計者と相談。 楽しい!


11年前の施工事例です↓
家一軒の主照明をLEDで施工した流山の家





2015年3月18日 (水)

PAC集熱通気層~他通気工法との違い 

Rimg1001
屋根面や外壁はそのまま集熱コレクターになる!?

屋根面と壁面をそのまま太陽熱を集める集熱コレクターにできないか?


こうした発想から、
1979年、集熱のための通気層をもつPAC住宅が誕生しました。
今でこそ屋根や壁に通気層を設けることは当り前になってきましたが、一般的な通気工法の通気層は集熱しません。
[外-外]通気層とも呼ばれ通気層の下から外気をとり入れ、上部から再び外へ出します。当然太陽熱を集めることはありません。

あくまでも躯体の湿気を抜くことが目的です。



PAC住宅の通気層は、機械設備を使わずに
屋根面と壁面にあたる太陽熱を集める集熱コレクターです。
通気層を下部と上部で断熱材の内側につなぎ、屋根面と壁面にあたる太陽熱で上昇気流を生じさせます。通気層下部から建物内の空気を引き込み、通気層内で暖め、その暖められた空気を通気層上部から建物内にとり込むシステムです。

さらに
外壁に太陽熱が当たり、通気層内の空気が暖められ軽くなって上昇する空気だけが流れるように工夫されていて、夜間に冷やされ下降しようとする気流を阻止する工夫(ダンパー)があります。

○屋根と壁全面に設けた通気層で太陽熱を集める
○断熱ボード内側の躯体内空間でその熱を分配する
○もちろんファンなどの機械設備は一切使用しないパッシブな仕組み
   開発されたのは1979年、35年前のことです。


夏と冬、衣替えするPAC住宅


3月22日(日)PAC工法の原理、夏と冬のしくみについての説明会があります。

四季のある日本だからこそ選ばれる、木の家、PAC住宅です。










2015年3月16日 (月)

漆喰リフォームDay

3月15日(日)
午前中は八王子にてリフォーム打ち合わせ。
築30年のお宅、壁と天井全面をクロスから漆喰へリフォームのご要望です。あわせて一部床の張り替えも。

建主さんご家族の笑顔を思い浮かべながら、早速ご提案をまとめます。



Dsc_5072_2




そして午後は七里ヶ浜、漆喰リフォーム作業中の現場へ。

混ざりもののない漆喰ゆえに必要な経験と技術、相応の手間が必要です。
植田さんはじめベテラン左官職人5人がまるまる五日をかけて整えた下地。今日は仕上げ作業が始まってました。
見学いただいた方へ漆喰の深さ、素晴らしさをお伝えできたなら何よりです。


Dsc_5096 Dsc_5044
Dsc_5047 Dsc_5048

植田親方が仕上げた漆喰の家見学会があります。お時間ある方はどうぞお越し下さい。

横浜市妙蓮寺の家 見学会
当日は、家族にもペットにも安心!ホウ酸で白アリ対策のセミナー同時開催します。


府中の家 見学会
当日は、夏の日射対策に抜群の効果、当社お勧めの外付電動ブラインドをご体験ください。







2015年3月 7日 (土)

家庭療法のバイブル 現代語版「赤本」

東伏見の美味さんに紹介いただき、購入してみました。
家庭における実際的看護の秘訣
~養生手当と民間療法・女の衛生と子供の育て方~
 (自費出版 税込6000円)

Dsc_5000


初版は大正14年。以来一千万部を超える家庭医学のベストセラーです。
以前の旧仮名遣い版はとても読みづらかったのですが、現代語版が出ました。
これなら読めます。

まだ読み始めたばかりですが、小さなお子さんのいるご家庭にはお勧めの一冊です。



現代語版の出版にあたって(筑田美恵子氏)
赤本は現代医学からみれば間違ったところも少なくありません。
医学書としてではなく、「自身の健康は自分で掴む」「看護は人任せにせずできるだけ自分で行う」という哲学書です。
日本にこうした本があったのかという歴史書として読んでいただければと思います。
「赤本・現代語版」を手にされることによって、健康は日頃の心がけと精進にあるという多吉(著者)の哲学が皆様ひとりひとりに伝わりますよう、願っております。


※手元に一冊予備があります。関心ある方はお知らせください。






2015年3月 5日 (木)

幸せをお裾分けいただきました

先日、建て主さんのお宅でたこ焼きをご馳走になりました。
Dsc_4905_2

途中ちょっとしたハプニングもありましたが・・
こんな素敵な笑顔たくさんの中でいただくたこ焼きはとびきりの味でした。
Dsc_4907_2
Dsc_4908
 
Dsc_4910_2

幸せを御裾分けいただいた思いなのに、さらにまた素敵なメールが届きました。





市川様
こちらこそ、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。懐かしさもあり、我が家はいつになくはしゃいでしまいました。
たこ焼きハプニングでは、一緒に焼いてもらってありがとうございました。すみませんでした。でも、とても楽しい時間が過ごせて、感謝しています。

エアサイクルハウジングの田中会長はじめ、社員みなさま、泉池さんとのご縁が有ってこその、私たちの今の幸せが有ります。
木の香り、肌触り、漆喰の温かさ、結露の少ない壁、夏の心地よい室内温度、夢のような設計、栫さんの丁寧な施工、数々の感動の中で毎日を過ごせることに感謝しています。大変居心地がよく、木にいつも守られているような気持ちです。
このような家を建てていただいてありがとうございました。
このような気持ちの人が、沢山増える事を願っています。ますますの貴社のご発展を願っております。


感謝、感謝です。

ちなみに・・たこ焼きパーティのことを“たこパ”というのだそうです。最近娘から教わりました。(笑)



3月8日(日)建築現場見学会があります。心地よく住むための屋台骨、どうぞ現場でお確かめください。
横浜の家・構造見学会のお知らせ






« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »