« 低炭素住宅モデルプラン発表  | トップページ | 漆喰と自然素材リフォーム Sさん »

2014年9月 6日 (土)

大阪のPAC住宅 Sさん訪問 

入居後2年になる大阪のSさん宅を先日訪問してきました。


Sdsc_3394

建物の表情を豊かに活き活きさせていたフウセンカズラやゴーヤのグリーンカーテン。そして軒先のトマトやかぼちゃたち。自然と共に暮らすSさんの愛情に満ち溢れたお住まいでした。
Sdsc_3390
ダイニングの横にある小上がりの畳コーナー。
窓際には造り付けのデスク、そこに家族共有のパソコンが乗っている。調べ物などした後は、ここでウトウト居眠りも気持ち良さそう。



Sdsc_3378
二階の子供たちのスタディコーナーに立つと、ふと森の中に居る感覚をおぼえた。
無垢のフローリングや建具に加え、壁に掛けてあるロフトへ上がるハシゴがそう思わせたのかもしれない。
まるで木の上にある自分だけが知る秘密基地へ続くハシゴの様な。。。
(あれは意図したものだったのか、今度設計者に聞いてみよう。)
Sdsc_3372

Sdsc_3371_3

この二枚の写真は、さらに快適に暮らすためのSさんの工夫。
「冬の夜これをつけると全然違うんです」そう言って実際に取り外して見せてくれた窓の断熱カバー。
建築現場にあった断熱材を分けてもらい、布カバーで包んだ奥様のお手製。
ロフトで寝る息子さんとお嬢様への、愛情です。



 ・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・


Sさんのお宅のフォトブック「家族の風景」が出来ました。
家づくりの当時を振り返りながら、ご家族の価値観であったり、二人の子供たちへの夫妻の思いが綴られています。

Sdsc_3405

Sdsc_3406


家が傷がつかないとかね。ずっと新しいままなのはおかしい。古くなっていくのは当たり前だと思うんです。
人間だって年をとって変化していく。

家だけじゃなく食べ物も服も。家族4人の価値観。
手間も時間もかかるけど大事にしなきゃいけないものがあると思うんです。

神様に与えて頂いたものを後世に大事に伝えていくためにも、
この家とともに暮らしていきたいです。
              ~Sさんの言葉 ・ 本文より一部抜粋~




写真、取材、文は林建次さん。夏の暑い時期に大阪まで取材に行っていただきました。
デザインはミノルさんにサポートしてもらっています。
機会あれば、手にとってご覧ください。是非!

« 低炭素住宅モデルプラン発表  | トップページ | 漆喰と自然素材リフォーム Sさん »

入居者の声」カテゴリの記事