« 見えない所にこだわる理由そしてフォトブック | トップページ | 大阪のPAC住宅 Sさん訪問  »

2014年8月14日 (木)

低炭素住宅モデルプラン発表 

エアサイクルハウジングの家 低炭素住宅の認定を受けられます


PACの家づくりの根幹を揺るがす制度なら乗らない、そう思ってやってきた。
長期優良住宅の時もそう。国の偉い人たちがつくった制度が発表される度、性能の向上に必要と思う部分は取り入れるが、コンセプトが合わない場合は無理に導入はしない。
自分たちのポリシーを曲げてまでPACの家づくりをそこに合わせようとはしてこなかった。優遇等受けられないことを知り、離れていかれた方もあったかもしれない。でも、それはそれで仕方ないと思っている。

そんな中、昨年施行されたのが「都市の低炭素化の促進に関する法律」。
現行の省エネ基準に比べ、一次エネルギーを10%以上低減するなどの基準をクリアすることで、税優遇等が受けられる低炭素建築物認定制度。

シミュレーションした結果、認定取得できることがわかりましたのでカタログをつくりました。
PAC住宅の見えない所へのこだわりはそのままに、低炭素住宅認定取得のための要件を加えたモデルプランを紹介しています。

Dsc_3169



《低炭素認定住宅のメリット》

1. 
住宅ローン減税の拡充
 一般住宅の最大控除額400万円 ⇒認定住宅の最大控除額  500万円         ※所得税額から控除しきれない分は住民税からの控除枠があります

2.フラット35S金利優遇
認定住宅は 金利引き下げ10年間(Aタイプ)が適用されます 

3.登録免許税率(保存登記)の引き下げ
一般住宅の場合0.15%引き下げ ⇒認定住宅なら 0.1%引き下げ

自然とふれ合いながら利便性のある都市で家族がのびのびと生活できる家。
コンパクトでありながら間取りの工夫による広がりや、自然素材の持つ温もりを感じる、
永く住みたいと思えるような家を提案しています。(設計部 山下)


カタログを差し上げます。
ご希望の方がいらっしゃいましたら電話、メール等でお知らせください。
こちらからも資料請求できます。
カタログご請求はこちらから

« 見えない所にこだわる理由そしてフォトブック | トップページ | 大阪のPAC住宅 Sさん訪問  »

家づくり」カテゴリの記事