« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

タケノコと、愛と、川西の家 

先日頂いたタケノコを使って。
Sdsc_2343_2
おこげもいい具合にできました。Yさん、ご馳走様でした。


 
今日の午前中は慈愛とエネルギーにあふれた住職との時間。
シンパシー。。。

林さん、ありがとう。


そして午後は渋谷のNさん宅へ、設計打合せ一回目。
夫妻がこれまで辿られてこられた人生、そしてお二人のこれからの暮らしを支える家づくりは兵庫県川西での建築です。
チーム一同、気持ちを込めて取り組ませて頂きます。


Sdsc_2345





次回イベントは・・
5月11日(日)
夫婦二人で暮らす八王子の家 完成見学会です
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event_20140511


2014年4月27日 (日)

築15年の床下より

昨日はお引き渡しして15年になる千葉県多古町のお宅へ。

懐かしい田園風景と、久しぶりのご家族の温かい笑顔。
15年経つと各所に色々な不具合が出てきます。 それを一つ一つ伺って、修理できる所はその場で修理、電気系統の不具合などは後日専門業者訪問により対応としています。

計画当時は良かれと思って採用した器具が使いづらい等のご指摘も頂きました。さらに、残念ながら床下があまりにも汚かったので急遽全員で床下清掃。
掃除と力仕事で私たちの身体は今日もまだ痛いけれど、あれを見た建て主の心はもっと痛いはず。
明日のミーティングのテーマは、決まりだな。


たまたま昨日居合わせたメンバーには大変な思いをさせましたが、これを教訓に今後はさらに徹底しよう。
「現場の整理整頓、床下の清掃。 」

Sdsc_2285_2

Sdsc_2302

Sdsc_2304

Sdsc_2298
私たちのために、この日建て主が裏山で採ってきてくれた大量のタケノコ。

Sdsc_2319

お疲れ様でした。





PAC住宅入居者の声 20例を紹介しています
http://www.passive.co.jp/example/voice/index.html

 

2014年4月24日 (木)

入居者宅の風景

「建て主の夢をカタチに」というフレーズ、、、最近他でもよく見かけるけれど、違うな、と感じていた。
以前「こんな家を建てるのが夢だったんです!」とお引渡しの時に言って下さった方がいて、そんな風に言って頂ける家の完成を一緒に喜び、嬉しいしありがたい事だったけれど、でも、、違う。
家づくりは、建て主が夢を実現するための舞台を作るようなものだと思うから。
ゴールじゃない。

鍵をお引渡しした後は思う存分ご家族のカラーに染めていただいて、そこで幸せや安らぎを感じて頂ける時間が1秒でも長く、1回でも多くありますようにと毎回願うし、色々な意味でご家族と伴に成長していける家であったなら最高なのではないかと思う。




新企画として、かつて家を建てさせて頂いたお宅の風景を撮り始めています。家づくりの時に込められた想いなども一緒に振り返りながら、私もとてもいい時間を過ごさせて頂いてます。
写真撮影を「職人の貌」でお世話になった林建次さんにお願いしました。一人一人と心を響かせながら撮る写真家です。
他にはない素晴らしいものが出来そうです。いずれきちんとした形で皆様にご紹介できると思いますのでどうぞお楽しみに。


Sdsc_2150

Sdsc_2173

Sdsc_2165

Sdsc_2162

Sdsc_2178

Sdsc_2184

Dsc_2177

Sdsc_2191



林建次さんのサイト 
http://officemigi.com/

2014年4月 6日 (日)

美味しく頂き、素敵な生活者に。

いつもお世話になっている美味(自然食糧品店)店主の橋本さんにお願いして、旬の野菜を一週間に一度、事務所に届けていただくことにしました。

橋本さんに「どなたかに?」と聞かれたので
「スタッフに旬の野菜を味わってもらいたいんです。そして男女問わず台所に立って調理するきっかけになればと思いまして・・。その時々のお野菜を見繕っていただければ。」とお話しました。


翌週届いた箱の中には、たくさんの新鮮な野菜と共に橋本さん手書きの野菜説明書が添えられていました。野菜の産地、生産者、お勧めの調理方法等が丁寧に。


Sdsc_2037

Dsc_2012


生産者との信頼関係、そして食の大切さや旬の美味しさを届けたいという橋本さんの思いがこもった手紙です。



2014年4月 2日 (水)

西宮の家 完成。

兵庫県西宮市、Kさんの家、遂に完成しました。
出会いから足掛け3年。土地探しの段階では設計者とともにその土地の可能性を探り、設計中は事務所で、工事が始まってからは現場で、Kさんには何度も何度もお運び頂き打ち合わせを重ねて完成した家。Kさんの思い、夢、アイデアが随所に盛り込まれています。

工事中は、設計者だけでなく当社のPAC検査員が現場へ出向き、要所要所のPAC工事をチェック、最後は気密測定器により気密性能の基準をクリアしたことを確認しサポート建築報告書をまとめ終えたところです。
この家は施主のご要望により耐震2等級も取得しています。




工事中は、「増税前の影響で注文した外壁材の出荷の目処が立ちません・・」
引越し当日には、「引越しラッシュで荷物がまた届きません・・」 
という事もありヒヤヒヤもしましたが、この度お引越しを終えたKさん夫妻それぞれから喜びのメールを頂き、安堵すると同時にご協力頂いた皆々様に改めてお礼申し上げたいと思います。

ベンチと吹き抜けのあるリビング

Cid_9b7f80e2a8ea4bfaa3102eee26bbacf

子供室

Photo

予備の間

Cid_c8ebb3dd6724425daaa9ccfeb0c2c03

寝室とベランダを繋ぐキャットウォーク

Photo_2

寝室

Cid_fc207e76d9ca436fb2e3340ebb6b7e6

いつも笑いの絶えないKさんファミリー
そして
どんな要望にも「喜んでお引き受けします!」と取り組んでくれたカコイ建設の栫さん
Cid_518c9a48f66945c2956e460ce991d55


ありがとうございました。



西宮K邸でも導入したパッシブソーラーPAC工法について
イブニングセミナー 受付中です
4月9日(水)19:00~
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event_20140327


« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »