« 入居者宅の風景 | トップページ | タケノコと、愛と、川西の家  »

2014年4月27日 (日)

築15年の床下より

昨日はお引き渡しして15年になる千葉県多古町のお宅へ。

懐かしい田園風景と、久しぶりのご家族の温かい笑顔。
15年経つと各所に色々な不具合が出てきます。 それを一つ一つ伺って、修理できる所はその場で修理、電気系統の不具合などは後日専門業者訪問により対応としています。

計画当時は良かれと思って採用した器具が使いづらい等のご指摘も頂きました。さらに、残念ながら床下があまりにも汚かったので急遽全員で床下清掃。
掃除と力仕事で私たちの身体は今日もまだ痛いけれど、あれを見た建て主の心はもっと痛いはず。
明日のミーティングのテーマは、決まりだな。


たまたま昨日居合わせたメンバーには大変な思いをさせましたが、これを教訓に今後はさらに徹底しよう。
「現場の整理整頓、床下の清掃。 」

Sdsc_2285_2

Sdsc_2302

Sdsc_2304

Sdsc_2298
私たちのために、この日建て主が裏山で採ってきてくれた大量のタケノコ。

Sdsc_2319

お疲れ様でした。





PAC住宅入居者の声 20例を紹介しています
http://www.passive.co.jp/example/voice/index.html

 

« 入居者宅の風景 | トップページ | タケノコと、愛と、川西の家  »

入居者の声」カテゴリの記事