« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

無垢の木と漆喰の空間でセミナー開催

S05rimg0442

床はヒノキの無垢フローリング、壁と天井は本物の漆喰、クリーム色の柱はイタリア漆喰磨き。昨年スケルトンリフォームさせて頂いたこの東伏見の自然食糧品「美味」二階サロンにて3月8日(土)にセミナーを開催します。

ホリスティックな家づくり、自然素材と漆喰リフォームのテーマに加え、今回は店主の橋本加代子さんによる安全な食についてお話頂けることになりました。


日頃、橋本さんには日本の伝統的食、調味料の素晴らしさ、余病のためのレシピをよく教えていただきますが、梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)もそのひとつです。
カラダが冷えた時、風邪のひきはじめ、疲れた時など、飲みたい時にすぐ飲めるよう、私はペースト状の瓶詰めを事務所と自宅に常備しています。飲むと身体がすぐ温まります。

その効果が特に顕著に現れたのは当社リウマチの女性スタッフ。梅醤番茶を飲んで数日後、曲がっていた足の指は真っ直ぐに、紫色だった爪はピンク色に変化しました。
梅+生姜+醤油+三年番茶のシンプルなお茶、皆様にもお勧めです。
※美味さんにも梅醤番茶の瓶詰め置いてあります。


3月8日(土)
セミナー詳細はこちら
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event_20140308

アトピーや婦人病で悩まれている方
入居者、工事関係者の方々も、ご関心ある方は是非どうぞ。


S01rimg0519

32年前、有機農業もあまり認知されてない時代、美味は実家の空き地を利用し、1.5坪からスタートしました。商売の経験はまったくありませんでしたが、有志が集まり「街を耕す会」の仲間と全国の生産者を訪ね、熱く意欲的でした。店を始めたきっかけは若い頃の苦い経験でした。当時足立区からここ西東京市に転居、銀行に勤めていて通勤が遠くなり、残業も多い部署で食生活も乱れ、精神的にも体調を崩してしまいました。元々子供時代の食生活は質素で母は働いていましたが、お料理は手抜きせず丈夫な身体に育ててもらっていました。

痛い目にあって、食生活の大切さに気づかされました。今はおいしい食べ物、簡単に食べられるものがあふれていて、手間暇かけて作る家庭料理は貧弱になっているように思えます。
 私の想いは、自分の失敗を、特に若い方々に伝え、食の大切さに気づき、身体を大切にして、明るく健康な家庭を築いていただきたいということ。(途中省略)ここまで来れたのは、何より小さな店美味に安全で美味しい野菜を届けてくださった全国の生産者の方々、買い支え続けてくださったお客様、地域の方々、影で応援してくださったスタッフ、友人、かつて縁の下の力持ちだった父、店の看板娘だった母、家族。そして面倒な改築を請け負っていただきましたエアサイクルハウジングの皆様、本当に多くの方に力になっていただき完成することができました。これから少しづつ恩返しできますよう、又、ここからがスタートです。
2013年6月発行 美味機関紙より~

2014年2月20日 (木)

断熱リフォームして三世代で暮らす。

改修工事中の豊橋(愛知)Y邸へ現場確認に行ってきました。築38年の土壁の木造住宅です。

〈Yさんの家 主な工事〉
ヒートショックの引き金となる家の中の温度差を解消したい
 →屋根、外壁、床下、窓の断熱補強

風通しが悪く暗い室内を改善したい
 →リビングの天井を一部撤去して吹き抜けとする
 →トップライト(天窓)、ハイサイドライト(高窓)の設置
 →通風に有効な開口部(窓)の設計

耐震補強
 →耐震診断士による構造計算を基にバランスの良い耐力壁の確保と金物補強

建物を湿気から守るため
 →床下の防湿工事と開閉式床下換気口の設置

白蟻対策
 →人にもペットにも安心なホウ酸塩による防蟻措置

より健康で心地よい暮らしのために
 →無垢のフローリング、シーリングファン、FFファンヒーターと床暖房



Sdsc_1854

Sdsc_1861

Sdsc_1863

Sdsc_1872

 

Sdsc_1875

Sdsc_1859


設計 エアサイクルハウジング株式会社
施工 原田建築事務所



工事が終わればここへYさん家族が引越して来られ、三世代での暮らしが始まります。



自然素材によるスケルトンリフォームの事例です
http://www.passive.co.jp/reform/case/case04.html



2014年2月17日 (月)

建主Kさんより。

お引渡しして3年、千葉のKさんからメールをいただきました。
夢と愛情に溢れ、豊かに暮らされている様子がとてもよく伝わってきて
素敵だな、と思います。



市川様

 お電話有難うございました。外だったのでゆっくりお話ができず残念でした。
お元気そうでなによりです。
 雪の影響ですが、PACの家はとても快適で影響はありませんでした。
 屋根から
雪が落ちることもなく、駐車場の屋根の雪も問題ありませんでした。ただ、庭の植木のヤマボウシと竹が折れました。
 ソヨゴ、カラタネオガタマ、アオハダ、アオダモ、ツリバナ、ジューンベリー、シマトネリコは雪の重みで殆ど地面に着く位にしなりましたが、雪をどけると戻り、ほっとしました。
 ヤマボウシは繋がっている部分もあったので、折れた竹を当て木にし、荒縄でぐるぐる巻きにしてなんとか補修してみました。どうなることか。
 庭のソヨゴにミカンを二つ割りにして背中合わせにして針金に通して吊るしていますが、ヒヨドリとメジロが引っ切り無しに訪れ、リビングはまるで動物園にいる様で、楽しんでいます。2か所吊るしているのですが、一日に2回はとり替えるので、毎日4個分のミカンの皮が出ます。生ゴミは堆肥にしているのでミカンの皮の多いこと。
 生ゴミ堆肥のお陰で、今では庭の何処を掘ってもミミズ
が出てきます。雑然とした庭も、今年はポタシェにしたいと、楽しみにしています。
 夢の膨らむ家です。





武蔵小金井 1DK賃貸 
最近の完成事例にアップしました。入居者も募集中です
http://www.passive.co.jp/information/house2014.html#2014_05








2014年2月15日 (土)

歴史的な大雪でした。

首都圏の交通機関は大混乱。移動に大変な思いをされた方も多かったのではないでしょうか。そして未だに移動できず足止めされている方、事故により怪我をされた方もいて、心よりお見舞い申し上げます。

お住まいの皆様はいかがですか。
カーポートが倒れて外壁が損傷した、玄関ドアに不都合が生じている、という報告が入ってきています。他にもお困りの方がいらっしゃいましたらご一報ください。できるだけ早めに対応させていただきます。

2月14~17日は24節気でいう 立春・魚氷に上がる(うおこおりにあがる)
暖かさで湖や川の氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃。魚の姿が見え始めるころ。
目を凝らせばもう、あちこちに春。




2014年2月11日 (火)

沼袋の賃貸テラスハウス

築10年、沼袋(中野)のPAC賃貸テラスハウスに空室が出たのでお客様と見学してきました。

沼袋駅徒歩10分 敷地内駐車場付きで165,000円
2LDK(69㎡)、外張り断熱、国産無垢材+ペアガラスの健康住宅仕様でしかも駐車場付き 165,000円はお得かと。


Photo

Dk
一階LDK。
ヒノキ無垢のフローリング
壁と天井は吸放湿性の高い石膏ボード下地と紙クロス
キッチンはタカラスタンダードのホーローシステムキッチン

Dsc_1793
二階は飯能の杉の梁を現しにした勾配天井
たっぷり使いやすい造り付け収納内部には桐を使用
ヒノキの床は味わいのある飴色に光っていました。



 
環境や健康に意識の高いオーナー様のご意向により、この建物も薬剤による防蟻処理は行っていません。アレルギーや過敏体質のご家族にもお勧めの賃貸テラスハウスです。

沼袋の賃貸テラスハウスについては
passive@pppac.com(エアサイクルハウジング)
又は、新日本不動産株式会社 03-.3389-8001 中島さんまでお問い合わせ下さい。




今週末の2月16日(日)は現在建築中の八王子の家で構造見学会です。
コンクリ一体打ちの基礎、国産無垢の構造材、流れる空気のしくみを是非ご覧ください。
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event_20140216





2014年2月 8日 (土)

笑うこと

大雪のため早めに帰宅したものの、途中で中央線は運転見合わせ。
迂回しながらようやく家にたどり着き、30センチ近く積もった玄関前の雪かきをしながらふと思ったのは、12年前に北海道から福島に移り住まれたご夫妻のこと。

新しい家を建て、もう雪かきをしなくていいのよ、とあれほど喜ばれていたのに、思いもかけない事が起き、あれからずっと大変な思いをされながら暮らされている。
どこかの政治家が言う‘終息’なんてとんでもないけど、笑って毎日を過ごすように努めています、とも言われていた。
寒いこの季節、奥様の身体は大丈夫だろうか。久しぶりに一度連絡してみよう。



全く関係ないが写真は先日定期点検で伺ったお宅での様子。

Photo


Dsc_1562



やっぱり子供たちの笑顔はいい。





PACは健康住宅のパイオニアです
「1982年健康住宅宣言」
http://www.passive.co.jp/declaration/index.html

2014年2月 3日 (月)

小金井の完成見学会を終えて。

今日の見学会も和やかに、暖かく、終了しました。
小金井の家に関心お寄せいただき参加下さった皆さま、飛び入りでお越し頂いた建て主さんやご近所の方々、ありがとうございました。


「床下エアコン設置二日目の記録」
エアコン設定温度25℃ (自動運転)
09:00(曇り) 床下空間21℃、一階寝室16℃、二階リビング16℃
15:00(晴天) 床下空間22℃、一階寝室18℃、二階リビング22℃

一階北側子供室の床(杉無垢)が冷たくないことに、見学された方は驚いていた。
床、壁、天井からの輻射暖房のため、体温を建物に奪われないから実際の室温よりも暖かく感じる。さらに、一階と二階、南側の部屋と北側の部屋の行き来が、温度差が極めて少ないのでとても快適。
ただ、、、この快適さは体感いただかないと多分伝わらないだろう。


暖かくなる前にもう一度都内で体感会を開きたく思っています。





Dsc_1760

西の空に浮かぶ月
小金井の家 二階バルコニーより。




2月9日(日)はセミナー「ホリスティックな家づくり」
大井町線尾山台駅近くです。
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event_20140123

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »