« 写真撮影と「換気口を閉めましょう」 | トップページ | 古材を取り入れた現代の家づくり »

2012年10月20日 (土)

未完成が素敵

毎年PAC入居者の皆様には、春には「換気口を開けましょう」のお知らせを、秋には「換気口を閉めましょう」のお知らせをお送りしています。それをご覧になられた方からお電話やメールを頂くこともよくあるのですが、今回千葉のKさんからこんなメールを頂きました。

mailご無沙汰しております。葉書ありがとうございました。
実は9月の台風の時にスーパー腰屋根と換気口を閉めたままだったことを思い出し、乾燥の為に腰屋根と南の換気口を空けました。
換気口を空けた
とき、スーと風が流れ、思わずPACの息遣いを感じた思いがました。PACの家はとても快適です。この冬は、暖房と快適なエコ生活との経済性実験が始まります。楽しみです。
最近東の通路に植えたツリバナに赤い実がなり、スズメより小さな野鳥が食べに来ているのですが、今日図鑑からコサメビタキであることが分かりました。東の窓の前に見えて、家族で双眼片手で楽しんでいます。どの窓も外の景色を上手に取り入れてあり、まるで、額縁のようです。庭の短く刈った雑草に実がなり、スズメが食べに来ています。ソヨゴは殆ど実がなりませんでしたが、ヤマボーシは沢山出来て、これから鳥の訪問者が増えるのではないかと楽しみです。
愛着が
増える家なんて考えてもいませんでした。素材が良いと、いろいろな改良が加えられどんどんよくなる、いつも未完成なんて素敵です。
PACの家は作っていただきました。これからは
私達がもっともっと住み心地の良い家、環境にしていく番です。   



こんなにも慈しんでいただいて、Kさん ありがとうございます。

« 写真撮影と「換気口を閉めましょう」 | トップページ | 古材を取り入れた現代の家づくり »

家づくり」カテゴリの記事