« 機械に頼らず省エネな家セミナー | トップページ | 初めて隅田川の花火大会へ »

2012年7月23日 (月)

小屋裏が涼しい家。

半年点検でお伺いしたKさんからメールを頂きました。


mail
市川様 先日はわざわざおいで頂きありがとうございました。PACの施工は問題が見つかるはずはないとは思っていましたが、確認いただき、より安心しました。十年単位の劣化のみを心配すれば良いので、これからも安心して生活できます。ありがとうございました。帰えられてから気づいたのですが、玄関扉が閉まる際手を添えてないとバタンと大きな音を立てて閉まります。冬の間は玄関の内戸を閉めた状態でしたので、手を添えなくとも家の中がクッションとなりゆっくり閉まった様です。夏ともなると空けっぱなしとなり、締まりが早くなりました。
DORMAのITS-96らしいことはウエーブで調べられました。締まりを調整するには六角レンチが必要とのことで、付属品として付いていると説明がありました。

手持ちの道具にはピッタリの物がありません。ついでの時に見て頂けますか。
毎日家の良さを生かす工夫で楽しく生活しています。今日も、エアコンの設定温度と電気代と快適な生活について話題になりました。庭の植物も始めての環境で楽しそうに育っています。初めての一軒屋生活でこんなに楽しいとは思っていませんでした。エアサイクルハウジングのお陰です。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

入居後の定期点検では、施工担当者が床下と小屋裏に潜って異常がないか確認します。この日はKさんにも脚立に登って頂き小屋裏を覗いていただきました。暑い日でしたがむしろ室内より涼しく感じられる小屋裏の様子に大変驚かれていました。


« 機械に頼らず省エネな家セミナー | トップページ | 初めて隅田川の花火大会へ »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事