« 仙台の家づくりセミナー | トップページ | 自然素材と音楽室 »

2012年5月26日 (土)

構造見学会の見どころはここ!

6月10日(日)に構造見学会場となる埼玉の現場へ行ってきました。

「構造見学?工事中を見てもよく判らないから・・」と言う方がいらっしゃいます。
でも建築現場は建築会社の理念や技術力が確実に現われる場所です。一度は見学された方がいいと思います。

「でもどこを見たらいいの・・」という方へ、今日はPAC住宅の見どころの一部をご紹介します。


Scimg1056
銀色に見えているのは断熱材。断熱性能トップクラスの硬質発泡ウレタンボードです。
その断熱材の上に縦ラインで見えているのは集熱通気層を形成するための胴縁。胴縁は専用ビスを用いて構造材とガッチリ締結させ、外壁荷重を支えます。




Scimg1063


Scimg1097_2

大工2名で内装下地施工中。
家が完成したら見えなくなってしまうところですがきわめて重要な工程です。
室内の壁や天井を美しく仕上げるために、流れる空気を止めない様に、そして断熱欠損や熱橋を作らない様に。




【流れる空気の確保のために】

Scimg1075
一階の天井を見上げたところですが
写真中央、横長の隙間がわかりますか?


   ↓ ↓


Scimg1077
空気の流れる道です。
ここを通って一階の壁から2階の壁へ空気は上がります。




【断熱の連続】

熱橋(ねっきょう・ヒートブリッジ)という言葉をご存知ですか?
断熱気密性が高くなるほど注意しなければなりません。断熱材を貫通した釘や金物をそのままにしておくと外の冷たさを内側に伝えてしまい壁内で結露を生じさせてしまいます。
断熱材どおしの突合せ部分も同様で、いい加減な突合せと気密テープくらいでは断熱の連続性は全く保たれません。


写真中央に写っている白いクリーム状の塊・・・・
Scimg1073


   

   ↓ ↓


Scimg1074

これは現場発泡の断熱材。飛び出した釘を覆っています。
熱橋となり得る場所は必ずこうして断熱被覆します。





床下地材は杉の15㎜
Scimg1072
この上に石膏ボード@12.5㎜+ヒノキの無垢フローリング@15㎜
3重構造です。



その他、コンクリ一体打ちの基礎、国産無垢の構造材、収縮に対応する金物、断熱の連続、気密確保のためのオリジナル仕様、調湿性の高い建材利用、そしてPACシステム部材など、見どころは多くあります。是非現場にてご確認ください。

6月10日(日)さいたま市にて建築現場見学会開催
http://www.passive.co.jp/information/event.html#event04
※他日程で個別見学も可能です。担当までご相談ください。



今日の大工の一言
「夏は涼しいし冬は暖かい。いい家だからたくさんの人に見てもらえるといいですね」

« 仙台の家づくりセミナー | トップページ | 自然素材と音楽室 »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事