« 4月15日構造見学会 | トップページ | 気密測定を全棟実施しています »

2012年4月14日 (土)

床下探訪(相模原の家)

含水率計、ランタン、デジカメを持って,、昨日、入居後3年半になるKさん宅の床下を潜ってきました。

S_6


S17_2


S95_2

含水率計=これで木材の含水率がわかります。材木の樹種や厚さによって比重が異なるため目盛を調整しながら使います。

左手に含水率計、右手にデジカメ。
高さ40〜50センチの空間で寝転んでのこの作業、実は結構大変なのですが・・・



見えないところが大事ですから。





そして今回訪問のもう一つの目的「施主さまインタビュー」

S

Kさんご夫妻と三宅さん(写真中央)

Kさん宅はオール電化です。冷暖房費について伺いました。
・メインの暖房は深夜電力利用のかくれん房。
・晴れていれば日中の暖房は不要。(パッシブソーラーPAC効果により屋根と外壁で集めた太陽熱を建物内部で活用しています)
・雨の日や雪の日など室温が上がらない時はエアコンを使う時もある。
・一ヶ月の電気代は年間通してピーク時で17,000円。(この時は娘さんが子供を連れて泊まりに来ていた時期。赤ちゃんもいてエアコン使用頻度が高かったそう)
・最も低い時は、4000円を切る時もある。(驚)
・大人2人暮らしが基本だが、子供家族が時々泊まりに来る。
・冬の間、室温は15度を下回らない。(このエリアの最低気温は-6℃だったそうです)


その他、貴重なご意見もたくさんいただきました。三宅さんのレポートがまとまり次第、HP等にアップします。お楽しみに。


S

S_2

春の香りいっぱい。ご主人お手製の桜湯と蕗の煮付け。
ご馳走さまでした♪

« 4月15日構造見学会 | トップページ | 気密測定を全棟実施しています »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事