« 自然素材の家づくりを土地探しからサポート | トップページ | 和やかに大阪セミナー無事終了 »

2012年3月12日 (月)

家の価値

昨日はお客様ご案内に同行して足立の入居者Hさん宅へ。建て替えを検討されているご夫妻に、Hさんの家を、見て、感じて、聞いて、いただきました。


Sdsc_0061_2

一通り見学を終えた後、お茶を頂きながらの懇談会。PACに決めた理由、夏と冬の様子などをHさんがお話下さいました。

テーブルでスケッチブックを広げているのはHさん宅長男のS君。設計を始めた頃はまだ二歳だったのに、今ではもうひらがなの読み書きが完璧でした。お母さんのお手伝いも率先してできるお兄ちゃんです。



Sdsc_0064_2

そしてこれはリビングのヒノキ無垢のフローリング。新築当初に比べてずいぶんと褐色がかっていました。
肌触りが良く裸足が気持ちのいい素材です。柔らかい分傷はつきますが、年月と共に全体に色艶も増すので傷は目立たなくなります。

表面の傷さえ包み込んでしまう、無垢の懐の深さ、です。

※汚れや傷がどうしても気になる場合はペーパーをかけてオイルを塗れば元通りの綺麗な状態に。物を落として凹んだ様な時は、お湯や水蒸気である程度の復元ができます。




高価な素材を使いたいわけでも、高級なキッチンを容れたいわけでもなく・・・
重ねた年月が価値を高める家。そういう家づくりをこれからも。
そんな事を思った日曜日でした。

« 自然素材の家づくりを土地探しからサポート | トップページ | 和やかに大阪セミナー無事終了 »

家づくり・リフォーム全般」カテゴリの記事