« 自然素材とデザインリフォーム | トップページ | 国産無垢の家見学会を終えて »

2012年3月24日 (土)

Kさんからの手紙。

エアサイクルハウジング(株)市川様
 例年になく寒い日が続きましたが、我が家の梅(思いのまま)や桜(河津桜)もようやくそのつぼみをふくらませ始めました。
 昨秋は始めての入院騒ぎで、せっかくお出でいただいても残念ながらお会いすることができませんでした。おかげさまで昨年の12月半ばに退院することができ、正月は孫たちと我が家で迎えることができました。
 日本橋の新事務所への移転、さぞ大変だったことかと推測申し上げます。
 さて、今日はPACの家ならではのお便りを差し上げます。4年前の私の退職祝いにコチョウランをいただき、3株中2株を枯らしてしまいましたが、ネットでその栽培方法を調べたりしながら私なりに栽培を工夫し、毎年数を増やしてきました。とはいえ、退職した私にとっては高価な花ですので、開花が終わって安くなった株をホームセンターで購入したものです。
 

Photo_2

写真を同封しましたが、今我が家では蘭の花がちょうど見ごろを迎えました。PACの家で「かくれん房」を使用しているため(※深夜電力利用)、真冬でも室温が15度を下回りません。そのため昨年秋遅く花芽が出始め、早いものでは12月から、遅いものでも2月末に開花しました。コチョウランは15度を下回らなければ、温室でなくても栽培は可能なのだそうです。
コチョウランの花は豪華で長持ち(約2ヶ月)するので、花の少ない冬の季節、部屋を飾るのに重宝しています。コチョウランのほかにもシンビジウム、デンドロビウム、ミニカトレアの花も咲いています。黄色いミニカトレアは2月末に後楽園ドームで開催されました「世界らん展」で購入してきたもので、つぼみの苗だったのですが、我が家に来て3日目には開花してしまいました。それもこれもPAC住宅なるが故と感謝いたしております。「世界らん展」はまた次回も出かけてみたいと考えています。
余談ですが、御社事務所のコチョウランの花後どなたも世話ができなければ、私に面倒を見させてもらえませんか。来年の花は保証できませんが、何とか開花するよう努力させていただきますが・・
なお、サンデッキにおいたミカンに来た可愛いメジロの写真も同封させていただきました。

Photo_3



Kさんへ
久しぶりにお元気そうな声を聞けて本当に安心しました。コチョウラン、是非よろしくお願いします。

« 自然素材とデザインリフォーム | トップページ | 国産無垢の家見学会を終えて »

家づくり」カテゴリの記事