« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月22日 (水)

自然素材でリフォームを。

先日お電話にて、「お肌にも良い家が欲しいのですが。」というご相談がありました。
こういう視点からのお問合せは初めてでしたが、「室内に自然素材をふんだんに使うといいと思いますよ。」とお答えしました。
   
自然素材の良さは、素材そのものが持つ優しさや風合い、可塑剤や接着剤による害がない、経年変化を楽しめる、などなどありますが、室内の湿気を吸ったり吐いたりしてくれる‘吸放湿性能’は、快適な住まいづくりのためにも特筆すべき点です。

快適な湿度は40~60%といわれますが、東京の夏は60~80%、冬は20~30%と、季節によって大きく変動します。一般的にはそれを除湿機や加湿器、エアコンなどでコントロールしますが、床・壁・天井など室内に吸放湿機能を持つ自然素材を使えば、もっと自然に均一に、乾燥肌にも優しい空間になります。
先日東京都下の入居者Iさん宅を訪問した時の室内湿度は50%でした。(雨が降るともう少し高くなるそうです。)PACオリジナルの輻射暖房で家全体の温度を19~20度にキープしつつこの湿度を保てるのは、用いられた素材によるところが大きいでしょう。


リフォームにもお勧め 自然素材

新築だけでなく、戸建リフォーム、マンションリフォームにも自然素材をお勧めしています。既存の躯体を使うリフォームなら尚更、下地材や仕上げに何を使うかで居住性は左右されます。

○漆喰
樹脂や接着剤などを含まない天然素材だけの漆喰です。クロスの上から塗ることができます。壁だけでなく天井も実績多数あります。

Sdscn3311



○障子
Sdscn3176_2



○無垢のフローリング
Img_78781_3


写真のフローリングは無垢のヒノキ。
節のあるフローリングはいずれ抜けてしまうのでは・・と心配される方がいますが、そもそも木の繊維がつながっている生節なら抜けません。抜けてしまうのは死節ですがフローリングに用いる場合は製材の段階で木片による埋木処理をしていますのでご安心を。


見えないところも大切に。

S

壁や天井の下地材もできるだけ自然素材で。
押入や収納内部も、新建材やビニールクロスではなく呼吸する材料を是非使ってください。結露やカビに有効です。




Simg_7595_2

自然素材でリフォーム O邸<漆喰とLEDによる間接照明>

O邸記事「つくる家具」





S_ima0855

自然素材でリフォーム S邸<タモ材のオーダーキッチン>

S邸記事「夏もエアコン無しで眠れる様になりました」




Sdscn2152

自然素材リフォーム U邸<天窓のあるサロン>

U邸記事「スケルトンリフォームで明るく風通しのいい家に」




自然素材と省エネリフォーム
http://www.passive.co.jp/reform/index.html



clip3月3日~4日は事務所移転のためお休みします。
事務所移転のお知らせ


2012年2月21日 (火)

大阪で家づくりセミナー 

2月19日~2月23日 土脉潤起(雨が降って土が湿り気を含む)
まだまだ寒い日が続いていますが、木々の新芽を見つけるとすぐそこまで来ている春を実感します。


さて、関西・近畿地方の皆様へお知らせです。

新大阪で家づくりセミナーを開催します。
外張り断熱&パッシブソーラーPACの講演に加えて、ゲストにPAC住宅入居者のAさんをお招きしています。家づくりに関するエピソード゙、引越しされてからの住まい心地など、生の声を是非聞いてください。

◇3月18日(日) 13:00~16:30
◇新大阪ワシントンホテルプラザ
(JR新大阪駅より徒歩3分)
◇内容
 1.自然素材の落とし穴(エアサイクルハウジング 市川小奈枝)
 2.PAC住宅のしくみ 夏と冬(「やっと出会えた本物の家」著者 田中慶明)
 3.PAC住宅に住んで(PAC入居者 A様)
 4.本物の漆喰実演(淡路の左官職人 植田俊彦)

・お申込いただいた方へ受講券をお送り致します。
・講演終了後、大阪でPAC住宅を建築する方法など具体的なご相談も承ります。
・定員15名 参加費無料 


お申込はこちらからどうぞ。。
http://www.passive.co.jp/contact/event.html
  大阪で、お待ちしています。

2012年2月18日 (土)

外張り断熱PACに住んでみて&ランニングコスト

横浜の入居者Kさん(築5年)が昨年住宅雑誌の取材を受けられた時のQ&Aです。夏・冬のガス代や電気代のお話もあります。

Q1:家族構成と年齢、建物面積
60代夫婦2人、二階建て延床面積57坪

Q2:PAC住宅に決めた理由は何ですか?
「躯体内の空気が循環する構造自体が、動力に頼らず自然エネルギーを活用して安全で清潔で快適な居住空間を作り出す合理的な機能をもつ」工法での30年の実績を評価した。
自社住宅を作品と呼ばない姿勢は本質を得ており、家づくりへの自信と情熱を礎とする、施主の要望にきめ細かく応える誠実で真摯な社風に好感を持ち信頼して託せると判断した。

Q3;家づくりを始めた当初、どんな家にしたいと思っておられましたか?特に重要だった要望を3つほど教えてください。
それまで住んでいた集合住宅で不便や不都合のあった点を解消する目的で
1.機能面①採光(日中は電灯不要にする)
      ②通風(換気扇に頼らず家の隅々まで常に空気が淀まずに流れる)
      ③収納(衣食住全般の実用物品は使う場所に整理して仕舞い雑然とさせない)
2.主婦が1人で無理なく日常家事や設宴(着席、立食共)ができるよう、使い易く設計する
3.来客を泊められる予備室をつくる

Q4:実際にPAC住宅に暮らしてみて、どんな時に良かったとお感じになりますか?
<快適性>
四季を通じ穏やかな温度湿度を保たれ、屋内空気がサラッと爽やかで梅雨時でも無垢の木の床を素足で心地よく歩ける時。晩秋から初冬にかけそろそろ暖房が欲しいと感じる頃でも、日中の太陽のぬくもりが夜まで‘おまけ’で得られる時。
<ランニングコスト>
2011年夏期電気代・・5月5354円 6月4910円 7月5625円 8月5184円
2010年~11年冬季かくれん房使用時のガス代・・12月15355円、1月14297円、2月15009円、3月9989円
2011年春季ガス代・・4月4308円、5月3163円、6月2321円、7月2046円
安全さ、便利さ、快適さの対価としてはリーズナブル。
<その他>

PACの特徴「無垢の木と漆喰壁・天井」は実用面での利点に加え、シンプル美ゆえに飽きがこず心身ともに寛げ落ち着ける素材であるのを、住めば住むほど実感する。

設計打ち合わせは約30回に及んだが、施主の要望が的確に把握・具体化されたのも注文住宅ならではの強味で、吹き抜けの漆喰に囲まれた純白の空間はクリスタルのシャンデリアや大理石の床よりも贅沢に思える。

Q6:住まいの蓄熱、換気モードを季節によって切り替えるのは面倒ではありませんか?
年に2回だけでの手間で、季節の移り変わりを体感する風物詩のようなセレモニー作業であり、全く面倒には感じない。むしろ家に労をねぎらい、感謝し、家と対話する機会と捉えている。

Q7:オプションで低温輻射暖房「かくれん房」を採用したと伺いましたが、お使いになった感想はいかがですか。
その名の通り姿が見えず場所を取らず音も臭いもなく風も起こさず、スイッチ入り切り不要で(タイマー設定と温度調整はするがコントローラーをタッチするだけ)、温度差(床~天井の、家中場所別の、昼夜時間別の)も殆どなく、終日適温・適湿を保ち、真冬早朝スイスイと起床でき、扉を開閉せずに動き回れ、快適の一語に尽きる。

Q8:上記以外で、家庭での省エネ、またはエネルギー自給に関して実施していることはありますか?
〈建築的な工夫などハードウエアに関して〉
①軒、庇を深く取り、夏場の日射侵入を抑える
②西(日を遮るよう)側には必要最低限の開口部しか設けない。
③窓は複層ガラスにする
〈暮らし方、住まい方などソフトウエアに関して〉
寒季

セーターや厚靴下スリッパを着用
暑季

①昼間はガラス窓を閉め、シャッターを日射遮蔽に有効な角度に傾けて室温上昇を抑え、日没後シャッターを開け網戸から風を入れ、北側小窓も開けて風の通路を確保する
②簾を窓ガラスから離して二重に掛ける
③扇風機やシーリングファンを使い、開閉式天窓(シェード併用)から熱気(特に台所天井付近の調理熱)を逃すなどしてエアコンはほとんど使わない。

Q9:家族のライフスタイルを満足させるために間取りや採光、通風などで工夫した場所、部分はどこですか?
必ずしも間取り関連ではないが・・
①絵を簡単に掛け替えできるように居間食堂寝室廊下の壁全面にピクチャーレールを取り付け、絵専用収納場所を設けた。
②電灯は極力ダウンライトを多用し天井を高く広く保ち、寝室ベッド灯は壁取り付け型にし、書斎デスク灯はネジ取り付けの自由移動型として、場所塞ぎと埃溜まりの弊害を防いだ。
③ドアより開閉が楽で横幅が広く使える引き戸を敷居のない吊り下げ式で多用した。
④ゆらめく炎が温かみを視感させる電気暖炉を家庭的雰囲気の象徴として居間に設け
た。
⑤風呂の残り湯を隣接の家事室で洗濯に利用するため、一体型風呂の壁に汲水ポンプを通す小窓を開けたが、通風と採光も得られ高齢期には家事室から入浴者の気配が分かる利点もある。
⑥掃除機を使う時、プラグの抜き差しで屈まなくても済むようコンセントを腰高にした。


さらに先月、Kさんから頂いたメールより抜粋

(文中※は給湯温度を調整するコントローラーの目盛の数字です)

「かくれん房の温度設定とガス代」
昨年12月は晴れて暖かい日が続き、かくれん房を開始したのが14日だったのですが、12月10日~1月12日の34日間で給湯を含むガス代は15,355円でした。
ちなみに前月は3678円。

かくれん房開始直後は暖房レベル6段階の1か2(※)で、寒中の午前は3か4(※)、午後は2か3(※)で稼働していますが、我々には充分な暖かさが得られます。服装は主人も私も薄手のとっくりセーターにカーディガンを重ね、足は厚手の靴下とレッグウォーマーを着用していますが、家の中で動き回るのに全く支障はありません。それより廊下も居室も洗面所もみな扉を開け放しなのに首をすくめることもなく、どこへ行くにも扉の開け閉めが不要なのは実に便利。
人それぞれの暮らし方や適温があるのでしょうが、今のところ我が家はこの状態で大変満足しています。殊に、よその家でエアコンや石油ストーブなどの暖房に囲まれると、段違いの快適さ安全さ操作の簡単さに改めてかくれん房の卓越した優秀さに気づき、感心しています。
余談ですが晩秋から初冬にかけ無暖房の時期に「そろそろ暖房が欲しいな」と感じ始める頃、家の中の心地よいぬくもりにPAC効果の威力を実感します。

かくれん房について~他の暖房との違い
http://www.passive.co.jp/method/kakurenbo/kakurenbo01.html

2012年2月16日 (木)

西武新宿線東伏見の自然食糧店「美味」

昨日は東伏見駅前にある自然食糧店の「美味」(みみ)さん訪問。

S_3




これは店主の橋本さんから頂いた三年番茶

S
刺激が少なく身体が不調な時も(もちろん健康な時も)身体に優しい、バランスの取れた中庸のお茶。香ばしくてホッとする優しい味です。
このお茶をスタッフ皆で頂きながら、今このブログを書いてます。

お店には旬の野菜もたくさんありました。生産地と生産者の名前がひと目でわかる様陳列されていました。
でも昨年の震災以降、野菜を買いに来るお客様がめっきり少なくなってしまったそうです。放射能物質を心配して、今は関西の野菜が人気なのだとか。驚きました。

橋本さん談:
全部放射性物質測定して不検出なのにね。でもね、今までずっとお世話になってきた関東の生産者の方たち、その人たちが丹精込めて作ってきた野菜。それにこの美味は今までずっと支えられてきたの。今更他から野菜を取り寄せるなんてこと、私はしたくないのよ。だってこれみんな検出されてないんだから。
だからこうして検査結果がちゃんと判る様にこういうものをつくってお客様に渡してるの。


そう言って手渡してくれたのが、三年番茶と一緒に写っている手書きの通信です。A4二枚に野菜の生産者たちの情報と放射能物質測定結果、そして季節ごとの情報など、橋本さん自身で集めた情報がぎっしりと綴られていました。
一人一人の生産者とダイレクトに繋がって、自信を持ってお客様に提供できる食品のこと、身体に良いもの、健やかに生きる知恵などを次の世代にもちゃんと伝えていきたい。そうした橋本さんの情熱をいっぱいに感じて帰ってきました。



「インフルエンザが流行しています」~橋本さん手書きの通信より~
風邪を引いて高熱が出た時は、第一大根湯を一気に飲んで布団を頭からかぶる。汗がどんどん吹き出してきます。消化酵素を含む大根が激しく酸化している腸に働き、解熱、抗炎症作用等のある生姜やアルカリの強い番茶も一役かってくれます。
体がきつくて作れない時は、梅しょう番茶に大根おろしを入れても良いと思います。但し体質(陰性)によっては注意も必要です。自分の体質を知ることがとても大事です。
詳しいやり方はおたずね下さい。
無農薬大根、生姜、三年番茶、天然醸造しょうゆが必要です。


自然食糧品店「美味」 
TEL 042-463-7613
FAX 042-463-7640
西武新宿線東伏見駅南口より徒歩1分のところです。お近くの方は是非一度♪




<暖炉のある保谷の家>
偶然か必然か、このお宅も美味さんご用達。
S_5 

2012年2月13日 (月)

地熱利用のGEOとPACシステムの融合です。

太陽の熱や風の力を利用するパッシブソーラーPAC工法

Photo_3



夏は冷たく冬は暖かい地熱利用のGEOパワーシステム

Geo_2



ふたつのシステムを融合させた家がこの度川口(埼玉)に完成します。


冬は屋根面、外壁面で集めた太陽熱で壁内の空気を循環させ、地下5mまで打ち込んだパイプで熱交換した空気を建物内に取り込み、建物全体を温度差の少ない空間とし、夏は太陽熱による上昇気流で排熱し、地中の涼しい空気を取り入れる化石エネルギーに頼らない、人と自然に優しいシステムです。

Pacgeo_2

『太陽熱と地熱を利用した家』
   ー篠原建築設計事務所・篠原啓史さんコメントより抜粋ー
事務所を設立した当初から「光と風」「健康的な住まい」をテーマに設計活動して参りました。自然素材を使うことはもとより、今では当たり前のように普及した外張り断熱二重通気工法に取り組み、「太陽熱」を利用した温度差の少ない家造りや、GEOパワーシステムという「地中熱」利用のシステムを取り入れた住宅を都内で最初に設計いたしました。
「PAC工法とGEOパワーシステムを融合させた家」完成します。
建主様のご厚意により見学会を開催することになりました。多くの方に自然エネルギーの活用の一例として知っていただく機会としてご案内させていただきます。見学、体感いただき、ご意見、ご講評いただければ幸いです。

2月17日(金)10:00~16:00 
埼玉県川口市(最寄り駅は川口です)
ご参加される方はおよその時間と人数を15日17:00までにご連絡ください。
当日は駅までお迎えに参ります。

エアサイクルハウジング 03-3538-1617
篠原建築設計事務所  03-5310-1731

篠原さん設計によるPAC&GEOの家です。よろしければ皆様是非お運び下さい♪

e-mail ならこちら passive@pppac.com


機械設備を使わずに太陽熱を利用するPACシステム詳細はこちら
http://www.passive.co.jp/method/passive/winter.html

2012年2月12日 (日)

調布の新築ワンルーム tout prêt(トゥプレ)

調布駅近くでワンルームをお探しの方へ
2月に完成したばかりのワンルーム、『トゥプレ(tout prêt)』です。


玄関ドアは3つのお部屋それぞれ違うパステルカラー
一階には、シルキーアイボリーの101号室 。

101_2


101号室の横の階段を上がって二階へ・・・


201_202

二階右がリーフグリーンの201号室、左はベビーオレンジの202号室




Photo_2 
白い外壁に無垢の板張りがアクセントに。
今週植栽工事が終われば一段と表情のある建物になること間違いなし。

clipトゥプレ(賃貸情報)
2012年2月完成
安心なTVモニターホン、TVケーブル、エアコン
システムキッチン(ガス2口)、クロゼット、シューズボックス
独立した洗面台、追炊き機能付き浴室、温水洗浄便座トイレ、室内洗濯機置場
フローリングは優しいミルクティ色の床材

ゆったり水回り、しっかりキッチンにこだわりたい方にお勧めです。


101号室 1か月69000円+共益費3000円
1


201号室 1か月66000円+共益費3000円
2


202号室 1か月69000円+共益費3000円 
3

賃貸に関するお問合せ
 042-482-5131 京王不動産(調布営業所)

 メールでのお問合せはこちらへ
http://www.passive.co.jp/contact/index.html



この建物について以前ご紹介した記事です
http://pac-life-live.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2-a11c.html

2012年2月 4日 (土)

アメリカカンザイシロアリ対策をホウ酸で。

乾燥した木材を好むアメリカカンザイシロアリをご存知ですか。

日本のシロアリといえば、イエシロアリとヤマトシロアリ。これらは水分を多く含む材木を好み、湿気がコントロールされた建物につくことはありませんでした。ところが乾燥した木材につくという厄介なアメリカカンザイシロアリによる被害が日本各地に広がっています。

PAC住宅では健康被害という視点から、今まで薬剤による防蟻処理を一切行なってきませんでしたが、これからはアメリカカンザイシロアリにも有効な防蟻対策が必要となってきました。

新築時はもちろん、入居者宅にもお勧めできる安全な材料と方法が見つかりました。エアサイクルハウジング独自の方法でその工事実績はこの一年で30棟を超えています。


【ホウ酸工事の様子】

Cimg8345
ホウ酸工事の概要を施主へ解説中の浅葉氏。



Cimg6225
床下処理の様子


Cimg6587_2
小屋裏点検口の向こうでホウ酸処理中です。



Cimg6584

小屋裏で作業中の浅葉さん。
ちなみに・・作業性を考慮してのマスク着用です。人体に影響あるものではありません。



試薬による実証試験も行なっています。
S_057

ホウ酸処理時、各所に設置しておいた木のチップを回収してホウ酸試薬を塗布。ホウ酸濃度0.2%以上で発色します。この値は防腐、防蟻性能の閾値を超えるものです。


S_061

試験体全て発色。
すべての試験体において防蟻に有効なホウ酸が付着したことが確認できました。



詳しい説明会を開きます。
「アメリカカンザイシロアリ対策はホウ酸で!」
2月5日(日)13:30~15:00
エアサイクルハウジング会議室  参加費無料
講師 浅葉健介氏(NPO法人ホウ素系木材保存剤普及協会講師)


浅葉氏のブログ(当社のセミナーで講演頂いた時の様子です)
http://borate.blog55.fc2.com/blog-entry-117.html

PAC入居者の皆様、これから家を建てようとされている方、リフォームを検討中の方、まだ少し席にゆとりがあります。事前にお申込の上ご参加下さい。

passive@pppac.com
03-3538-1617

2012年2月 2日 (木)

外張り断熱とパッシブソーラー

例えば太陽光発電や太陽熱温水器など機械設備を用いて太陽エネルギーを活用するのがアクティブソーラー。それに対して、機械設備を用いず建築的なしくみで太陽熱を活用しようするのがパッシブソーラー。

私達のPAC(パッシブエアサイクル)住宅は、建物全面の屋根と外壁に「集熱通気層」を設けて太陽熱を集め、建物の内側に導いてコンクリや石膏ボードに蓄熱、夜間は放熱させるパッシブソーラーハウスです。
熱の蓄熱と分配経路を確保させるためにも、断熱は外張り断熱としています。

PAC住宅のしくみを解説する「家づくり勉強会」を開きます。システム部材や流れる気流実演をご覧になられていない方はお気軽にどうぞ。参加費無料です。

2月5日(日)10:00~12:00
エアサイクルハウジング 会議室
中央区銀座2-8-4(文具の伊東屋さんのすぐそばです)


パッシブソーラー・衣替えのできる家
http://www.passive.co.jp/method/passive/index.html

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »